研修会情報

HOME > 研修会情報 > 8/24-若手弁護士との共同研修会及び交流会

8/24-若手弁護士との共同研修会及び交流会

◇開催のあらまし◇

千葉会では後進育成委員会の事業として、若手弁護士との共同研修会及び交流会を定期的に開催しています。地域経済の発展に寄与することを目的に、法律の専門家である弁護士と会計・監査・税務の専門家である公認会計士がどのような形で貢献できるかという視点で弁護士会と意見交換を行います。
今回は、中小企業支援にあたり基本となる決算書について、金融機関目線でのポイントも学ぶ機会になればと思い企画しました。興味ある方は是非ご参加ください。

2018年8月24日(金) 18:00~19:45≪研修会≫ 

※東京CPAニュース7月号ご案内時は「19:30」終了としましたが、「19:45」に変更いたしました。

テーマ 金融機関目線の決算書の読まれ方 - 決算書はこのように読まれている -
内容 ワークショップ形式を予定
・千葉会会員による決算書の解説
・金融機関実務担当者による融資実務の解説
科目 会計 2単位
会場 千葉会会議室
会費 無料(当日はCPEカードをご持参下さい)
対象 若手(おおむね50歳未満)
定員 20名程度(定員に達し次第締め切らせていただきます。)

 

2018年8月24日(金) 20:00~22:00≪懇親会≫
会場 浪花屋 鳥造 千葉富士見店(千葉市中央区富士見2-13-5 南総ビル2F)
会費 4,000円~5,000円を予定

(千葉会会員・準会員・在住会員は会費の補助を予定していいます。)

定員 20名(定員に達し次第締め切らせていただきます。)

※お申込み後キャンセルされる場合は、必ず千葉会事務局までご連絡くださいますようご協力をお願いいたします。

【申込方法】

・千葉会会員・準会員・在住会員は、こちらからお申込み下さい。

・FAX:申込書に必要事項をご記入の上、下記宛にご送信下さい。

千葉会事務局  FAX番号:043-305-4204

・メール:研修名・日時・お名前・登録番号を入力の上、下記宛ご送信下さい。

Email:chiba@sec.jicpa.or.jp


▲TOP