研修会情報

HOME > 研修会情報 > 2020/1/29ーDVD研修会(追加2)

2020/1/29ーDVD研修会(追加2)

1月DVD研修会(追加2)のご案内

午後:前半の研修は、所属税理士会への研修時間一括申請対象研修となりますので、税理士登録されている会員の皆様には、当日、所属税理士会支部名、税理士登録番号とご署名をいただきます。

2020年1月29日(水) 10:00~12:00(午前)
研修会テーマ 「不正事例研究(役員等の不正行為)第1回」
(東京会 2019年10 月4 日開催)
内容 本研修では、役員等による不正行為の事例(粉飾、横領、その他)を中心に解説します。第1回目は、法的、税務的側面について検討します。営利組織、非営利組織を問わず、役員等による不正が発覚した場合にまず直面するのが、法的な対応です。そして、その後不正による損害額や賠償請求額が明らかになった場合、税務上これをどのように扱うかが問題になります。不正リスクへの対応で品質の高い監査業務の基礎を形成するよう、こういった法的、税務的側面から事例を解説します。
講師 木内敬氏(弁護士、不正調査専門委員会専門研究員)
坂上信一郎氏(公認会計士、不正調査専門委員会専門委員)
科目 3192-不正事例 2単位

 

2020年1月29日(水) 13:30~15:10(午後:前半)
研修会テーマ 「社外役員のための税務ガバナンス」
(本部 2019年7月31 日開催)
講師 高島淳氏(PwC税理士法人 国際税務サービスグループ/税務ガバナンス支援チーム)
科目 4501-税務 2単位

 

2020年1月29日(水) 15:20~17:00(午後:後半)
研修会テーマ [監査人のためのIT研修会]ITリスク評価-IT委員会実務指針第6号の理解及びIT関連トピックのアップデート
(本部 2019 年8月28日開催)※2020年3月13日に追加5研修会で実施
内容   近年、企業のITの利用は益々進んでおり、監査人にとって、企業が利用するITが財務報告にどのように関係しているかを理解することが重要となっています。
本研修においては、IT委員会実務指針第6号「ITを利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの識別と評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」に関連して、アップデートすべきIT関連の実務指針や研究報告、ITに関連する品質管理レビュー結果などの指摘事項、IT環境の動向を説明します。
講師 奥田達久氏(公認会計士)
科目 3102-監査 2単位

会場:千葉会会議室

会費:無料(当日はCPEカードをご持参下さい)

定員:50名(定員になり次第締め切ります)

※お申込み後キャンセルされる場合は、必ず千葉会事務局までご連絡くださいますようご協力をお願いいたします。

【申込方法】

・千葉会会員・準会員・在住会員は、こちらからお申込み下さい。

・FAX:申込書に必要事項をご記入の上、下記宛にご送信下さい。

千葉会事務局  FAX番号:043-305-4204

・メール:研修名・日時・お名前・登録番号を入力の上、下記宛ご送信下さい。

Email:chiba@sec.jicpa.or.jp


▲TOP