研修会情報

HOME > 研修会情報 > 10/6,10/29ーDVD研修会

10/6,10/29ーDVD研修会

10月DVD研修会のご案内

本研修午後の2コマ目と3コマ目は、所属税理士会への研修時間一括申請対象研修となりますので、税理士登録されている会員の皆様には、当日、所属税理士会支部名、税理士登録番号とご署名をいただきます。

10月6日(火)/10月23日(木) 10:00~11:40(午前)
研修会テーマ リフレッシュセミナー(監査編)会計上の見積り
(本部 2020年2月18日開催 )
内容  監査の現場から離れていたが再び監査業務を行いたい。独立して監査業務を行いたい。又は監査全体の仕組みを改めて学び直したい。
リフレッシュセミナーは、こうした会員・準会員のために、最新の品質管理システムに基づく監査業務の実践(リスク・アプローチ、注意すべき個別テーマ、会計上の見積りの監査、監査IT対応、審査・品質管理等)を網羅的に習得していただくために開催するものです。
今、監査を行うに当たって必ず知っておかなければならない事項について、集中的に解説するセミナーです。1.リスク・アプローチに基づく見積りの監査手続
2. 個別の監査上の留意点
(1) 関係会社投融資評価
(2) 債権評価
(3) 棚卸資産の評価
(4) 固定資産の減損
(5) のれんの評価
(6) 繰延税金資産の回収可能性
(7) 退職給付債務
(8) その他
講師 小川聡氏(中小事務所等施策調査会 監査専門委員)
科目 3103―監査 2単位

 

10月6日(火)/10月29日(木) 13:00~14:40(午後/前半)
研修会テーマ 第72回 税務業務部会研修会
「リーガルマインドでアプローチする税務判例分析」
(本部 2019年12月17日開催)
内容  租税法律主義を持ち出すまでもなく、「税務」も税法の適用場面であって、法律問題に他なりません。しかし、課税の現場では、必ずしも「税法の適用問題」として取り扱われるのでではなく、調査官の思い込みや過去の経験といった属人的な価値判断によって否認されるようなケースが少なくありません。このようなケースに説得的に反論するためには、調査官の属人的な価値判断を「税法の適用問題」に再構成し、法律問題の判断枠組みに従って主張を構成することが不可欠です。そして、税務判例を読んで分析することは、このような法的主張構成のトレーニングとして最適です!そこで、本研修では、実際の裁判例を素材として、「どこを読むか」、「どう読むか」、「どう分析するか」について解説していきます。
講師 髙橋貴美子氏(弁護士・公認会計士)
科目 4091―税務 2単位

 

10月6日(火)/10月29日(木) 15:00~16:40(午後/後半※開始時間を変更いたしました。
【社会福祉法人会計研究会企画勉強会】(DVD研修会)
研修会テーマ 東京会非営利法人委員会研究報告書「社会福祉法人が行う事業について」の解説
(東京会  2019年1月15日収録)
内容  平成29年度から社会福祉法人に対して段階的に会計監査が導入される予定となっており、会計監査人を設置していない法人は「財務会計に関する内部統制の向上に関する支援業務」及び「財務会計に関する事務処理体制の向上に関する支援業務」といった会計専門家の支援を受けることが望ましいとされている。よって、今後、公認会計士による会計監査及び会計専門家の支援といった社会福祉法人への関与が増えていくことが見込まれている。
しかしながら社会福祉法人が行う事業は、介護保険事業、老人福祉事業、就労支援事業、障害福祉サービス等、児童福祉事業、保育事業、医療事業など様々であり、それぞれの事業についての理解がないと実際に関与することは難しいと考えられる。
そこで本講義では、第1章「総論」にて社会福祉法人が行う事業や統計数値を概観し、第2章から第5章の各章で、高齢者に関する事業、障害者に関する事業、子どもに関する事業、その他の社会福祉事業と特殊な社会福祉法人の説明を行う。更に第6章「その他の論点」では、資金使途制限や行政監査などの説明を行う。
講師 富所淳氏(東京会非営利法人委員会副委員長(平成29年度))
科目 2106―会計 2単位

会場:千葉会会議室(〒260-0013 千葉市中央区中央1-11-1 千葉中央ツインビル1号館9階)

会費:無料(当日はCPEカードをご持参下さい)

定員:16名(定員になり次第締め切ります)

※お申込み後キャンセルされる場合は、必ず千葉会事務局までご連絡くださいますようご協力をお願いいたします。

【申込方法】

・千葉会会員・準会員・在住会員は、こちらからお申込み下さい。

・FAX:申込書に必要事項をご記入の上、下記宛にご送信下さい。

千葉会事務局  FAX番号:043-305-4204

・メール:研修名・日時・お名前・登録番号を入力の上、下記宛ご送信下さい。

Email:chiba@sec.jicpa.or.jp


▲TOP