研修会情報

HOME > 研修会情報 > 9/1,9/17ーDVD研修会

9/1,9/17ーDVD研修会

月DVD研修会のご案内

本研修午前と午後1コマ目は、所属税理士会への研修時間一括申請対象研修となりますので、税理士登録されている会員の皆様には、当日、所属税理士会支部名、税理士登録番号とご署名をいただきます。

月1日(火)/9月17日(木) 10:00~11:40(午前)
【学校法人会計研究会企画勉強会】(DVD研修会)
研修会テーマ 幼児教育無償化における学校法人の会計処理に関して
(本部  2020年2月6日開催) 
内容  まず、2015年度から開始された「子ども・子育て支援新制度」についての概要と現状を説明し、今回の「幼児教育無償化」がどのような枠組みで行われているかと制度の内容を解説します。また、内閣府のFAQについて学校法人会計での会計処理に関連する部分を紹介するとともに、FAQだけでは詳らかになっていない論点について会計処理の考え方を説明します。
なお、学校法人委員会の公表物について周知するため、監査報告書の改正などの2019年度の改正事項についても説明します。
講師 岡部雅人氏(学校法人委員会委員)
科目 2106―会計 2単位
備考 eラーニングでも受講可能です(教材コード:E023830)

 

月1日(火)/9月17日(木) 13:00~14:40(午後/前半)
研修会テーマ 民法改正による税務への影響
(本部 2020年1月29日開催)
内容  課税の根拠たる租税法令の適用は規定の趣旨を踏まえた文理解釈が基本です。もっとも、租税法令は民法の概念を借用していますし、私達の経済活動は民法が規律しています。このような理解を前提に、昨年度は、債権法改正と相続法改正について、特に租税法令の解釈への影響が見込まれる項目を中心に研修しました。あれから1年が経過し、いずれの改正も施行時期が近づきました。国税庁から新たな通達も示されています。そこで、本年度は、改めて、租税法令の解釈へ影響を与える項目を中心に民法改正の概要を確認したいと思います。
講師 山崎岳人氏(弁護士)
科目 4499―税務 2単位
備考 eラーニングでも受講可能です(教材コード:E043220)

 

9月1日(火)/9月17日(木) 14:50~16:30(午後/後半)
研修会テーマ リフレッシュセミナー(監査編)リスク・アプローチに基づく監査の実施
(本部 2020年2月19日)
内容   監査の現場から離れていたが再び監査業務を行いたい。独立して監査業務を行いたい。又は監査全体の仕組みを改めて学び直したい。
リフレッシュセミナーは、こうした会員・準会員のために、最新の品質管理システムに基づく監査業務の実践(リスク・アプローチ、注意すべき個別テーマ、会計上の見積りの監査、監査IT対応、審査・品質管理等)を網羅的に習得していただくために開催するものです。
今、監査を行うに当たって必ず知っておかなければならない事項について、集中的に解説するセミナーです。1.増加する上場企業による不適切な会計処理とその対応
2.リスク・アプローチに基づく監査の実施
(1) リスク・アプローチの全体像
(2) 残余リスクの観点からのアプローチ
(3) リスクの評価過程で同時に識別するリスク
(4) 経営者による内部統制を無効化するリスク
(5) 不正による重要な虚偽表示リスク
(6) 不正リスクに関連する用語
(7) 不正による重要な虚偽表示が存在している可能性
(8) 不正による重要な虚偽の表示の疑義に至る2つのルート
(9) 不正リスクに対応した監査のプロセス
(10) 不正リスク対応基準の導入に伴い新設した調書様式
講師 南成人氏(中小事務所支援担当 常務理事)
科目 3002―監査 2単位
備考 eラーニングでも受講可能です(教材コード:E03454)

会場:千葉会会議室(〒260-0013 千葉市中央区中央1-11-1 千葉中央ツインビル1号館9階)

会費:無料(当日はCPEカードをご持参下さい)

定員:16名(定員になり次第締め切ります)

※お申込み後キャンセルされる場合は、必ず千葉会事務局までご連絡くださいますようご協力をお願いいたします。

【申込方法】

・千葉会会員・準会員・在住会員は、こちらからお申込み下さい。

・FAX:申込書に必要事項をご記入の上、下記宛にご送信下さい。

千葉会事務局  FAX番号:043-305-4204

・メール:研修名・日時・お名前・登録番号を入力の上、下記宛ご送信下さい。

Email:chiba@sec.jicpa.or.jp


▲TOP