公認会計士はやめとけ?将来性や需要はある?

公認会計士はやめとけって本当?やめたほうがよい理由ってなに?

公認会計士に将来性はあるの?

公認会計士は日本の三大資格の1つとされており、資格を取得するのも難易度が高い反面高い年収のため多くの人が目指している資格です。

しかし、上記のようにやめたほうがよいと言われているのも事実であり、公認会計士を目指すべきか迷っている人も多いでしょう。

そこで、この記事では公認会計士を目指している人向けに、公認会計士がやめとけといわれる理由や、メリットやデメリットについて詳細に説明します。

公認会計士を目指している人は参考にし、目指すべきかどうかを自分自身で決めましょう。

アウル氏
最新で直近に開催されるの公認会計士の試験は以下の公式サイトをご確認ください。

ホーム公認会計士とは令和6年(2024年)試験について 令和6年(2024年)試...…

最短で司法書士に合格するなら

アガルート
「アガルート」は、2023年5月31日までローンが無料になるキャンペーンを実施中。

今すぐ大金を払えない人でも手数料無料でローンを利用できるので、無理なく学習をスタートすることができます。

また合格率も高いのが特徴で、業務提携しているCPA会計学院の合格率は42.9%(一般合格率が10.7%)と高い合格率となっています。
  • 2019年度合格者357名
  • 一般合格率の4倍の合格率
  • オーダーメイドのカリキュラム

無料
体験
すぐに
資料請求

リンク先:https://www.agaroot.jp/

お試し受講あり
無料体験が事前にできる

目次

公認会計士を目指すのは無理ゲー?やめとけといわれる4つの理由

やめとけといわれる4つの理由

公認会計士は簡単な資格ではないため、取得するためには困難な道です。

しかし、一度資格を取得すれば専門的な知識を保有しているためさまざまな業務に携わることができます

一方、公認会計士には以下4つの理由から「やめとけ」「無理ゲー」などとネガティブな言葉で表現されているのも事実です。

  1. 公認会計士試験の難易度が高いから
  2. 試験勉強に膨大な勉強が必要だから
  3. 公認会計士の仕事は激務になりやすいから
  4. 数字を追う仕事ばかりでやりがいを感じられなくなるから

公認会計士にネガティブな言葉がつきまとうのには理由もあるため、しっかりと把握した上で目指すようにしましょう。

公認会計士試験の難易度が高いから

公認会計士の合格率

引用:公認会計士試験 合格者数推移

公認会計士の合格率は平均的に約10%前後と低く、試験の難しさからも難関と言われています。

おもに、試験内容は法令や経済、会計など幅広い知識を必要としており、どの科目も密に繋がっているため、すべてを理解しなければなりません。

そのため、公認会計士の試験に合格するためには幅広い知識と長期的な学習が必須とされており、簡単には合格できないところが無理ゲーともいわれています。

難易度が高い試験は仕事の合間に勉強するのも困難なため、勉強しても受からないことのほうが多く、やめたほうがよいと言われているのも事実です。

公認会計士の難易度の詳細は以下の記事もご確認ください。

関連記事

「公認会計士の難易度は高いの?」 「公認会計士の試験難易度が高い理由はなに?」 公認会計士は、日本の三大資格の1つであり、多くの人が挑戦をしています。 しかし、難易度は高く合格率も低い特徴があるため、上記のような疑問を抱え[…]

公認会計士試験の難易度と合格率

試験勉強に膨大な勉強が必要だから

公認会計士の試験に合格するためには、非常に長い学習時間を必要とします。

なぜなら、公認会計士の試験は税法や財務論などの暗記科目だけではなく、会計の計算方法など多岐にわたる学習内容が必要となるからです。

すべての内容を理解するためには、平均的に3000時間の学習時間も必要とされているため、社会人などであれば仕事の合間に勉強する時間を確保するのも困難かもしれません。

公認会計士に受かるためには長期的な学習計画を立てることも必須のため、働いている人からしたら無理ゲーといわれてしまうのも仕方ないでしょう。

公認会計士の仕事は激務になりやすいから

公認会計士の仕事は高い専門性が必要とされる一方、労働環境は過酷になりがちです。

おもに、公認会計士の業務内容は以下のとおりですがどれも複雑な内容ばかりのため、責任感も必要となります。

  • 監査
  • 税務申告
  • 財務分析
  • 簿記

また、経営者やほかの専門家とのコミュニケーションも重要なため、人間関係のストレスも避けられません。

決算期や税務申告期などの特定の時期には業務が集中するため、長時間労働が発生する可能性も高く、公認会計士は激務といわれています。

数字を追う仕事ばかりでやりがいを感じられなくなるから

公認会計士は、税理士と同様におもに数字を追う仕事ばかりのため、人によってはやりがいが感じにくい場合もあります。

とくに、経済の動きを理解し会計の計算などをおこなうことが多いため、ほとんどの場合大量の数字と向き合わなければなりません。

そのため、公認会計士はクリエイティブな仕事とは程遠く、ルーティンワークも多いことから仕事の充実感や達成感を感じにくいところもあります。

このことから、公認会計士の仕事はやりがいが感じにくいといわれており、やめたほうがよいと言われる原因です。

現役の公認会計士が辞める理由

現役の公認会計士が辞める理由

公民会計士は、以下3つの理由から辞める人も多いです。

  1. 時間外労働が多くワークライフバランスが崩れる
  2. 同じような業務ばかりで将来に不安を感じる
  3. クライアントとの人間関係に苦労する

公認会計士は専門性の高さから数多くの企業や個人から頼られる存在ではありますが、激務や仕事内容から合わない人も多く、辞めることもあります

長時間の勉強を終え無事に合格できたとしても、適していないのであれば意味がありません。

なぜ、公認会計士を辞めてしまうのか理由を確認した上で、自分自身も目指すべきかどうかを考えることが大切です。

補足ですが、厚生労働省「公認会計士 – 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))」を見ると、全国の公認会計士の就業者数は21,850人とされています。

時間外労働が多くワークライフバランスが崩れる

公認会計士の仕事は激務であり、時間外労働も多いです。

時間外労働が増えると、ワークライフバランスを崩してしまい、健康面の不調や家庭への時間を費やすこともできずにストレスを蓄積してしまいます。

とくに、決算期や税務申告期は業務が集中することも多く、休日出勤や深夜残業も増えるでしょう。

時間外労働が増えると、パフォーマンスが低下しキャリアが停滞することも考えられるため、辞める人は多いです。

同じような業務ばかりで将来に不安を感じる

公認会計士の仕事は、人によっては単調に感じられることもあり、将来に不安を抱えやすいです。

会計のプロフェッショナルとして働くのが公認会計士の仕事であり、唯一無二の業務ではありますが、業務内容は基本的に毎日同じことの繰り返し。

そのため、新しいことへの挑戦ができず成長の機会が少ないと感じることもあります。

そのため、日々同じことの繰り返しではキャリアアップを考えることもできず、漠然とした将来への不安を抱えてしまい辞める人も多いです。

クライアントとの人間関係に苦労する

公認会計士の仕事において、クライアントとの人間関係の構築は必要不可欠ですが、人によっては難しいこともあります。

公認会計士とは、クライアントのビジネスを理解するためにも、計算するだけではなく細部にわたる情報を把握する必要もあり、適切なアドバイスをおこなう立場です。

しかし、クライアントの期待に応えるためにも責任は重大であり、ストレスがたまることもあるでしょう。

労働時間も長くなるため、ストレスからの疲労を引き起こし、結果的に辞めてしまう人も多いです。

公認会計士はやめとけ?なってよかった?

公認会計士はやめとけ?なってよかった?

公認会計士になるべきかやめるべきか、悩んでいる人も多いです。

実際に、公認会計士として働いている人の口コミから以下2つについて紹介します。

  1. 30歳で資格を取ったが大変な勉強時間だった
  2. 監査法人は昔ほど激務ではない

実際に公認会計士を目指した人の口コミと、サイトや昔の情報とは異なることも多いです。

自分にとって本当に公認会計士は適した職業なのか、確認してから目指すのもよいでしょう。

30歳で資格を取ったが大変な勉強時間だった

実際に公認会計士を受けた人のなかには、30歳で試験に合格した人もいます

たとえば、以下の口コミもあるため参考にしてください。

義兄は30歳で資格を取得したが、それはもう大変勉強したらしい。最後の数年はほぼバイトもせずテレビも見ていなかった。

引用:Yahoo!知恵袋

公認会計士の資格を取得する人には、大学を卒業してから取得を目指す人も多いです。

そのため、予備校などに通い30歳で資格を取得する人も少なくないため、参考になるでしょう。

監査法人は昔ほど激務ではない

監査法人は、昔は激務であったりブラックといわれていた時代もあります。

しかし、近年は働き方改革やテレワークの普及もあり、昔ほど激務ではなくなっているのも事実です。

実際に、以下の口コミもあるため参考にしてください。

大手監査法人は昔ほど激務ではない。かなりホワイト化している。

引用:Yahoo!知恵袋

公認会計士は忙しい印象が強いですが、近年は変わりつつあるのも事実なため参考にしてください。

公認会計士は食えない資格というはホント?将来性について解説

将来性

公認会計士は食えない資格と言われているのも事実です。

しかし、実態はどうなのか、以下2つの観点から確認します。

  1. 複雑な業務も多いためAIに代替されることは考えにくい
  2. 独立する場合は競合との差別化が必要

公認会計士は高収入で働ける職業ではありますが、必ずしも将来的に安泰かと聞かれると言い切れるものではないため、しっかりと将来性を把握した上で目指すことが大切です。

複雑な業務も多いためAIに代替されることは考えにくい

近年はAIの技術が台頭してきたことにより、多くの職業がAIにより業務が楽になっている一方、AIに仕事が取られてしまっている職業も増えています。

一方、公認会計士の業務は複雑であり、多岐にわたっていることからAIに置き換わることはないでしょう。

たとえば、公認会計士には新規の事例が起きた場合には法令の解釈や適用、具体的なアドバイスだけではなくクライアントに伝わるようにかみ砕いた説明をおこなうなど、現在のAI技術には難しい仕事も多いです。

そのため、公認会計士はAIに代替されることはなく、将来性も高い職業といえます。

独立する場合は競合との差別化が必要

公認会計士は資格さえあれば独立することが可能ですが、独立している公認会計士は多いため競合他社と差別化することが必須となります。

なぜなら、公認会計士の業界はすでに飽和状態でもあるため、新規に開業するためにはほかとは異なる独自性が必要になるからです。

差別化とは、具体的には以下を指します。

  • 特定の業種に向けた理解
  • ほかにはない特別なスキルがある
  • サービスやユニークである
  • マーケティングがうまい

また、クライアントとの信頼関係を築き上げることも大切なため、コミュニケーションスキルが高い人も差別化できます。

公認会計士のリアルな職場環境

公認会計士のリアルな職場環境

公認会計士の職場環境は魅力的に見えるものもありますが、実際は厳しい労働環境です。

たとえば、以下3つの実情があります。

  1. 仕事量が膨大で間違いが許されず精神的に負担がかかる
  2. 代替ができない専門職のため人材を増やせない
  3. 閑散期にまとまった休みを取りやすい

公認会計士には魅力があるだけではなく、人によっては過酷なものも多いです。

まずは、実情を理解した上で公認会計士を目指すことが求められます。

仕事量が膨大で間違いが許されず精神的に負担がかかる

公認会計士の仕事量は膨大であり、どれもミスが許されません。

責任重大な仕事ばかりなため、精神的な負担も増大するでしょう。

しかし、ストレスがたまるからといって仕事の質を落としてはならないため、常に精神状態のケアや適切な休息をとることで仕事の質を保つ必要があります。

公認会計士として仕事をおこなうためには、メンタルの維持も大切です。

代替ができない専門職のため人材を増やせない

公認会計士は、専門知識と技術が必要となるため、簡単にほかの人材を増やすことも代替することもできません

そのため、仮に仕事量が増えたところで人員を増やせず、一人当たりの仕事量が増えているのが現状です。

専門的な知識があることは貴重な人材として重宝されますが、その分人手不足ともなります。

公認会計士の職場環境を改善し、人員を拡充することが今後の課題といえるでしょう。

閑散期にまとまった休みを取りやすい

公認会計士は、閑散期と繁忙期がはっきりとしています。

そのため、比較的仕事が少ない閑散期にまとまった休みを取ることが可能です。

ほかの職種ではまとまった休みをとることは難しいため、公認会計士のメリットともいえます。

しかし、まとまった休みがとれるとはいえ繁忙期の忙しさは過酷なため、スケジュール管理や個人の裁量次第ではライフワークバランスが崩れることもあるでしょう。

公認会計士を目指す3つのメリット

公認会計士を目指す3つのメリット

公認会計士には、以下3つのメリットがあります。

  1. ほかの職業より高収入
  2. 多様な働き方が可能で女性も活躍しやすい
  3. 代替ができない職業なので安定的に働ける

専門的な資格のため、取得するためには多くの学習時間も必要となりますが、公認会計士は代替ができない専門職です。

安定して働きたいのであればおすすめの職業のため、確認しましょう。

ほかの職業より高収入

公認会計士は、ほかの職業と比較しても高収入です。

専門性と幅広い知識が高く評価されるため、それに見合った報酬が支払われ、給与は安定します。

公認会計士は資格が必要となる職業のため、資格さえあれば今後どのような景気になったとしても高収入を維持することができるでしょう。

高収入を得たいと考えている場合は、おすすめの職業です。

公認会計士は年収3000万円を目指せるのかもご確認ください。

関連記事

「公認会計士で年収3000万円は現実的に可能?」 公認会計士として年収3000万円を稼ぐことは、多くの人にとって憧れの存在なはずです。 しかし、そのような地位にある公認会計士にも悩みが存在し、成功を収めるための秘訣があります。 […]

公認会計士の年収3000万は現実的?

多様な働き方が可能で女性も活躍しやすい

公認会計士は、以下のとおりさまざまな働き方が可能です。

  • コンサルティング
  • 経理
  • 内部監査
  • 金融機関のアドバイザー
  • マーケター

多様な働き方ができるため、女性も活躍しやすい職業といえるでしょう。

また、資格さえあればどこでも働けるため出産からの復帰もしやすく、家庭の事情に合わせた働き方ができます。

さらに、柔軟な勤務体制やリモートワークの導入も進んでおり、実際に多くの女性がキャリアを築いているのも事実です。

代替ができない職業なので安定的に働ける

公認会計士は、専門的な知識や技能が求められるため代替が困難な職業です。

さらに、公認会計士になるためには難易度の高い資格を取得しなければならず、誰でも目指すことができるわけではありません。

誰でもできる職業ではないため、安定したキャリアを築くことが可能です。

ビジネスにおいて税制や法令に詳しい人物は重宝されるため、公認会計士であればどこでも求められる存在となるでしょう。

やめとけ!公認会計士のデメリット

やめとけ!公認会計士のデメリット

公認会計士には、以下3つのデメリットがあります。

  1. 超難関の国家試験に合格しなくてはならない
  2. 公認会計士登録に2年以上の実務経験が必要
  3. 閑散期と繁忙期の差が激しい

高収入や安定しているなどの魅力もある一方、難しい試験を突破する必要のある公認会計士

人によっては、不向きな可能性もあるため、デメリットを確認することは大切です。

超難関の国家試験に合格しなくてはならない

公認会計士の難易度は非常に高く、平均的にも合格率は10%程度です。

ただ単に暗記するだけではなく、会計や監査、法律など幅広い知識も必要とするため並大抵の努力では足りません。

また、問題を解決するための論理的思考能力も必要となるため、長期的な学習計画を立てる必要もあります。

公認会計士は資格さえ取得してしまえば高収入と安定的な働き方ができますが、資格を取得するまでの道のりが長い職業でもあるため、大変なところも事実です。

公認会計士登録に2年以上の実務経験が必要

公認会計士として就職するなるためには、試験に合格するだけではなく実務経験が2年以上必要となります。

学んだ知識を現場で活用することで、実践と勉強とのギャップを埋める必要があるため、実務経験は重要な過程です。

また、コミュニケーションスキルや問題解決能力の向上にも実務経験は役立つため、2年以上の実務経験を積むことは必須とされています。

資格に合格さえすれば公認会計士になれると勘違いしている人は多いですが、実際は2年以上の実務経験がなければならないため、すぐに公認会計士となれるわけではないところに注意しましょう。

閑散期と繁忙期の差が激しい

公認会計者、閑散期と繁忙期の差が激しく、人によってはストレスに感じることもあるでしょう。

おもに、決算期や税務申告期には仕事量が増大し、それ以外の期間は閑散期となるため休みを取ることも可能です。

メリハリをつけて仕事ができる人であれば対応もできますが、常に安定的に働きたい人にとってはストレスになります。

仕事の忙しさやスケジュールに振り回されたくない人にとっては、公認会計士の仕事はデメリットです。

公認会計士に向いている人の特徴

公認会計士に向いている人の特徴

公認会計士には、以下4つの特徴がある人に向いています。

  1. 数字の計算が苦痛でない人
  2. 人とのコミュニケーションが苦痛でない人
  3. 仕事に対して責任感のある人
  4. 企業経営に関心が持てる人

公認会計士は、複雑な計算をすることが求められる職業です。

そのため、人によっては向いていない可能性もあるため、自分が向いているのか上記の特徴から確認しましょう。

数字の計算が苦痛でない人

公認会計士の仕事は、数字と向き合うことが日常茶飯事です。

そのため数学や計算が得意な人であれば、公認会計士として活躍することだけでなく専門的な分野を日常的に勉強することもできます。

一見数学が得意である人に向いているようにも聞こえますが、公認会計士に必要なのは数学ではなく数字の背景にある経済の動きを知る力です。

経済の動きや税金などを解釈するための能力も必要となるため、数字を扱える人は向いています。

人とのコミュニケーションが苦痛でない人

公認会計士は、人間関係の構築や管理をする仕事もあるため、コミュニケーション能力が必要です。

公認会計士は財務情報の監査をする仕事だけではなく、企業と投資家の橋渡しも担当します。

コミュニケーション能力がなければそれぞれの立場や視点を理解することができず、的確な情報を伝えることもできません。

公認会計士は信頼される立場にいるべきであり、信頼されるためには実務経験を重ねて、コミュニケーション能力を培うことが大切です。

仕事に対して責任感のある人

公認会計士には、緻密さや責任感が求められます。

たとえば、経営者が財務諸表を作成したあとは、公認会計士が監査することで企業の正確な財務情報を保証する役割をはたすため責任重大です。

公認会計士の仕事は専門的な仕事のため、責任感が強く正確な数字を扱える人にしか向いていません

仮に正確な事ができない場合、公認会計士としての信頼性を低下させてしまうでしょう。

企業経営に関心が持てる人

公認会計士は数字を追うだけではなく、数字が示す経営の状況を理解したり解釈することが求められます

そのため、企業経営に興味を持ち、ビジネスモデルを解析できる人は公認会計士に向いているでしょう。

公認会計士は経営者に対して具体的なアドバイスを提供することも仕事の一部なため、企業経営に対する深い理解力がある人は重宝されやすいです。

公認会計士が向いていない人の特徴

公認会計士が向いていない人の特徴

公認会計士に向いていない人は、以下3つの特徴があります。

  1. 収入面にしか関心が持てない人
  2. 試験勉強に十分な時間を確保できない人
  3. 楽な仕事を求めている人

公認会計士は高難易度の資格であるため、誰でも向いている仕事なわけではありません

そのため、自分が向いているのか向いていないのか、確かめてから目指すことが大切です。

収入面にしか関心が持てない人

公認会計士は高い収入が得られる職業ではありますが、専門的な知識やスキルが求められます。

とくに、経済や法律、税務など幅広い知識が必要とされるため、収入面にしか関心がない人には苦痛に感じる仕事も多いです。

また、顧客とも密接なコミュニケーションをとることもあり、ただ単に報酬をもらえるわけではありません。

高い収入を得るためには、専門性や責任、コミュニケショーンスキルなど多岐にわたる知識やスキルも必要となるため、まずは自分に適性があるのか確認することが大切です。

試験勉強に十分な時間を確保できない人

公認会計士は、学習しなければならない分野が幅広く、ほとんどの合格者が3000時間も学習にあてています。

そのため、もともと勉強に膨大な時間をさけない社会人の場合、公認会計士を目指すのは難しいかもしれません。

一方、独学で公認会計士を目指す人もいますが、独学での合格は困難ともいえます。

ある程度、学習に時間をさける人でなければ公認会計士はおすすめできないため、公認会計士を目指す場合はまず時間を確保することを優先してください。

楽な仕事を求めている人

公認会計士は専門的な知識を駆使し、財務や税務に関する複雑な問題を解決する職業です。

そのため、業務内容は決して楽ではなく、日々の業務も忙しいでしょう。

また、顧客のニーズにこたえるためには、継続的な学習やアップデートも必要なため、資格合格後も自己学習を続ける必要があります。

公認会計士は楽な仕事ではなく、難易度な試験を合格しても学習が求められるため、毎日忙しく働くことが苦手であり楽に働きたいと考えている場合は向いていません

公認会計士の転職なら転職エージェントがおすすめ!

転職を成功させるためには、アドバイザーが相談に乗ってくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

士業や公認会計士に特化したエージェントもあり、業界に特化したアドバイザーに転職をサポートしてもらうことができます。

多数のエージェントがあるなかでおすすめの2社を紹介するので、参考にしてみてください。

  1. マイナビ会計士
  2. MS-JAPAN

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士」は、公認会計士・試験試験合格者・USCPA・監査法人の転職に定評のある転職サイトです。

またスマホやパソコンでオンライン面談をしてくれるので、少しでも転職したくなったときに気軽に無料で相談できるのが特徴。

応募書類の作成や面接対策などを無料でしてくれるので、転職の成功率が上がるでしょう。

マイナビ会計士を通じて転職できるような業種は以下を参考にしてください。

マイナビ会計士を通じて転職できるような業種

平日の仕事終わりの夜間や土曜日での面談ができるので、仕事が忙しい方でも活用できます。

無料で使えるので相談するだけでも価値のある転職サイトなので、まずは登録だけでもしてみましょう。

\ 未経験の職種でも転職実績あり /公式サイトはこちら

MS-JAPAN

MS-JAPAN

MS-JAPAN」は、公認会計士をはじめ管理部門・士業に特化した転職エージェントです。

士業特化型エージェントとしては歴史が古く、創業から30年以上の実績を持ち、業界最大級の求人を保有しています。

また、女性のキャリアサポートにも注力しており、管理職や専門職での昇進を目指す方や、仕事と家庭のバランスを取りたい方にもピッタリです。

転職サービスNo.1

外部調査の実績で「管理部門・士業におすすめしたい転職サービスNo.1」にも選ばれているため、登録だけしておいて「経理・人事」の仕事を探すのにもおすすめの転職サイトです。

\ 女性の転職にも最適 /公式サイトはこちら

公認会計士に関するよくある質問

公認会計士に関するよくある質問として、以下2つの質問に答えます。

  1. 公認会計士浪人の末路は?悲惨?やばい?
  2. 公認会計士は多すぎ?

公認会計士を目指している人のなかには、将来性や試験の難易度に不安を抱えている人もいるでしょう。

上記2つの回答内容を確認し、公認会計士を目指すべきかどうかを判断してください。

公認会計士浪人の末路は?悲惨?やばい?

公認会計士は非常に難しい資格とされており、多くの受験生が何度も挑戦しています。

そのため、公認会計士を浪人することは一般的であり、末路が必ずしも悲惨なものとなるわけではありません

また、浪人期間中にスキルや知識を磨くことは、将来的に公認会計士として成功する道筋ともなります。

しかし、浪人している間は就業機会が減ることで対人スキルや社会人としてのスキルが低下することもあるため、自分の現在の状況や目標、将来などをしっかりと考えた上で目指すことが大切です。

公認会計士は多すぎ?

公認会計士の数は近年増加傾向にあるものの、企業の複雑化や経済の発展により、公認会計士の需要も高まりつつあります。

そのため、公認会計士の数が多いからといって問題視されるものではなく、適切なスキルを持っているのであれば適切な場所で活躍することも可能です。

一方、公認会計士として独立している人は多いため、競争率が激しいのも事実。

公認会計士として成功するためには自分の強みを活かし、継続的にスキルを磨くことが大切となります。

まとめ|公認会計士はやめとけといわれる最大要因は試験難易度が高いから

公認会計士は難易度の高い試験のため、目指すべきかどうか悩んでいる人は多いです。

合格率も低いため、長年受け続けているのに合格しない人も多く、必ずしも合格できるわけではない点が不安要素となっている人もいるでしょう。

公認会計士試験に合格するためには幅広い知識が必要であり、試験勉強にも多くの時間を費やす必要があります。

しかし、必ずしも長時間の勉強をしたからといっても公認会計士になれるわけではなく、そこが「公認会計士はやめとけ」といわれる原因となっています。

一方、公認会計士は社会的地位も高く市場価値も高いです。

そのため、自分の目標や将来のために長期的な学習計画を立てた上で目指せば、公認会計士として成功することもできるでしょう。

繁忙期は忙しく、競合他社との差別化を図る必要もありますが、強みを活かしたり継続的な学習をおこなえば公認会計士としての価値も高まります。

「公認会計士はやめとけ」と言われているからあきらめるのではなく、まずは公認会計士が自分に向いているのか適性を確認した上で目指すことがおすすめです。