クレジットカードの引き落とし口座の名義は本人以外でも問題ない?

クレジットカードの名義って何?

引き落とし口座の名義は本人以外でも問題ない?

クレジットカードの名義人とはカードの所有者、つまりカードを使用できる人のことです。

原則として、クレジットカードの引き落とし口座は本人名義で登録する必要があります。

氏名や住所などに変更が生じた場合、速やかに名義変更手続きをしなければなりません。

名義の変更をしなかった場合、クレジットカードが使えなくなったり、口座振替や引き落としができなくなる可能性があるためです。

この記事では、クレジットカードの名義にまつわる知識について解説するとともに、簡単に名義変更の手続きができるクレジットカード情報を紹介しています。

クレジットカードの名義や変更手続きに少しでも疑問を持っている人はぜひ、最後まで目を通してみてください。

クレジットカードの名義とは?

一言でいうと、クレジットカードの名義人とはカードの所有者のことです。

名義人以外のクレジットカードの利用は禁止されており、第三者がカードを利用すると、カードの強制解約に至る可能性もあります。

原則としてクレジットカードの引き落とし口座の名義は本人

一部の例外を除き、クレジットカードの引き落とし口座の名義は本人でなくてはなりません。

クレジットカードの審査では、申込者の支払い能力がチェックされます。

申込者と口座名義が違うと、そもそもカード会社が審査をする意味がなくなってしまいます。

学生や専業主婦は例外が適用されるケースもある

カード会社にもよりますが、学生や専業主婦の場合、両親や配偶者の引き落とし口座を登録できるケースがあります。

ちなみに両親や配偶者の引き落とし口座を登録する場合、審査の対象は申込者本人ではなく、口座の名義人(両親や配偶者)です。

注意点として、すべてのカード会社が本人以外の名義登録を受け入れているわけではありません。

クレジットカード申込者以外の名義登録はあくまでレアケースであり、申請可能なカード会社は少ないです。

家族カードは家族名義の口座から引き落としが可能

クレジットカードに追加できる家族カードの場合、家族名義の口座から引き落としが可能です。

家族カード会員の口座を新たに設定する必要はありません。

本カードと比較し、家族カードは年会費が安いにもかかわらず、本カードとほぼ同等の特典を利用できる優れモノです。

結婚して苗字が変わった場合は通帳(銀行口座)やクレジットカードの名義変更手続きが必要

結婚や離婚で苗字が変わった場合、銀行口座やクレジットカードの名義変更が必要です。

名義変更にともない、クレジットカードはリニューアルされ、新しいカードが発行されます。

名義の変更は郵送もしくはオンラインで手続きをするのが一般的です。

名義変更をしないと口座自動振替や引き落としができなくなる可能性も

「名義変更をしないとどうなる?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

名義変更手続きは必須事項です。

仮に変更手続きをしないままでいると、口座自動振替や引き落としができなくなる可能性も考えられます。

名義の変更手続きを億劫に感じる人もいるかもしれませんが、口座自動振替や引き落としがストップしてしまうことのほうが厄介です。

氏名や住所が変わったときの名義変更手続きの方法

氏名や住所が変わったときの名義変更の手続き方法は大きく以下の2つです。

  1. 郵送
  2. オンライン

郵送は申込書への記入や郵送のやり取りがある分、手間と時間がかかります。

よりスピーディーに手続きしたいなら、オンラインがおすすめです。

身分証明書(運転免許証やパスポートなど)のコピーと新姓名義の引き落とし口座、新姓の印鑑さえ用意すれば、数分程度の入力手続きで名義変更が完了します。

名義変更が簡単にできるおすすめクレジットカード

私生活にも役立つうえ、名義変更がオンラインで簡単にできるクレジットカードは以下のとおりです。

セゾンカードインターナショナル三井住友カード(NL)なら会員サイトにログインし、必要事項を送信するだけで手続きが完了します。

それぞれのクレジットカードの基本情報はもちろん、ポイントの貯め方や付帯サービスなどの詳細も合わせてみていきましょう。

セゾンカードインターナショナル

項目 特徴
券面画像 セゾンカードインターナショナル
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 0.5%
特典 ・セゾンポイントモールの利用でネット通販の還元率アップ
・最大8%オフのパッケージツアーを利用できる
・全国の人気店舗やオンラインショップで優待を利用できる
・ABEMAプレミアムに3ヶ月無料で加入できる
・格安オプション保険のSuper Value Plusを付帯できる
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短5分

セゾンカードインターナショナルは、審査を突破しやすい信販系カードです。

プラスチックカードとデジタルカードの2種類から選ぶことができます。

プラスチックカードの場合、セゾンカウンターで即日受け取りが可能です。

デジタルカードなら、スマホですぐにカード決済ができます。

セゾンカードインターナショナルは、本カードやETCカード、家族カードのすべてを年会費無料で作成できることが大きな魅力です。

公式サイトはこちら

三井住友カード(NL)

項目 特徴
券面画像 三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
ETCカード年会費 初年度無料 2年目以降:550円(税込) 前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 0.5%
特典 ・ナンバーレス仕様でセキュリティが高い
・コンビニやマクドナルドで最大5%還元
・ポイントUPモールの利用でネット通販の還元率アップ
・ココイコ!の利用でポイントやキャッシュバック
・選んだお店で+0.5%還元
・学生はAmazonプライムやdTVなどのサブスクで+9.5%還元
・SBI証券の投信積立で0.5%還元 ・旅行傷害保険を選べる無料保険に切り替え可能
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
旅行傷害保険 最大2,000万円の海外旅行傷害保険
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短5分

三井住友カード(NL)は、クレジットカード初心者でも入会しやすい銀行系カードです。

申込み後すぐにカード番号を取得でき、スマホ決済ができるようになります。

三井住友カード(NL)は、セブン-イレブンやマクドナルドなどで最大5%還元を得られる点が魅力です。

カードスペックや特典などに対する口コミや評判も上々です。

公式サイトはこちら

クレジットカードの名義に関するよくある質問

クレジットカードの名義や引き落とし口座に関するよくある質問を集めました。

ぜひ目を通してみてください。

名義人以外のクレジットカード利用はできる?

名義人以外のクレジットカード利用は規約違反です。

仮に名義人以外がクレジットカードを利用した場合、カードが強制解約されたり、更新できなくなる可能性もあります。

当然、強制解約後はカード会社から提供されるすべてのサービスやサポートが受けられなくなるため、注意が必要です。

引き落とし口座とクレジットカードの名義が違う場合引き落としされる?

引き落とし口座とクレジットカードの名義が異なる場合、利用料金の口座自動振替や引き落としがストップしてしまう可能性があります。

もちろん、家族カードの場合は例外です。

家族カードは本会員の引き落とし口座を登録できるため、家族カード会員名義の口座を用意する必要はありません。

クレジットカードの引き落とし口座の名義は旧姓のままで使い続けられる?

クレジットカードの引き落とし口座の名義は、旧姓のまま使うことはできません。

速やかに身分証明書のコピーと新姓名義の引き落とし口座、新姓の印鑑を用意し、郵送やオンライン手続きで名義変更を済ませましょう。

妻名義の楽天クレジットカードを夫の口座から引き落としできる?

できません。 楽天カードの公式サイトによると、「引き落としの口座登録は、カード契約者本人名義の口座に限る」と記載されています。

ちなみに家族カードであれば、カード会社にかかわらず、本カード会員名義の口座から引き落としが可能です。

クレジットカードの名義変更は引き落とし口座の変更後でもいい?

名義変更の順序は以下のとおりです。

  1. 本人確認書類の名義変更
  2. 引き落とし口座の名義変更
  3. クレジットカードの名義変更

したがって、クレジットカードの名義変更は、引き落とし口座の変更後に進めてください。

名義変更中にクレジットカードは使用できる?

使用できます。 名義変更手続き後、新姓カードが届けられるまでの期間は、旧姓カードが有効です。

旧姓カードの利用可否や、新姓カードが届くまでの期間について疑問がある人は、カード会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

まとめ|クレジットカードの名義に対して正しい知識を知っておこう

クレジットカードの引き落とし口座は原則、本人名義で登録する必要があります。

結婚で苗字が変わった場合、郵送やオンラインで速やかに変更手続きを済ませましょう。

名義変更が簡単にできるクレジットカードとしては、年会費無料のセゾンカードインターナショナル三井住友カード(NL)がおすすめです。