同棲生活におすすめのクレジットカードは?選び方や家計管理方法を解説

同棲カップルにおすすめのクレジットカードはどれ?

同棲する際にクレジットカードを持つメリットは?

同棲カップルがクレジットカードを持つと、お金の管理が楽になるうえ、ポイント付与で自然と節約につながります。

楽天カードや三井住友カード(NL)などは永年無料で作成できるため、クレジットカード初心者のカップルでも安心です。

この記事では、同棲中のカップルや同棲を控えている人たちに向けて、おすすめのクレカ情報やクレジットカードの選定方法を解説します。

カップルで共同口座を作る方法についても触れているため、ぜひ参考にしてください。

目次

同棲カップルはクレジットカードや家族カードの作成がおすすめ

同棲カップルはクレジットカードや家族カードの作成がおすすめです。

カード利用でポイントが貯まるうえ、家計を管理しやすくなります。

家族カードがあればカップルでペア口座を持つことも可能

家族カードなら、カップルでペア口座を共有することも可能です。

ただし、同棲カップルが家族カードを作成できるかどうかは、カード会社によって異なります。

たとえば、楽天カードは内縁や同性パートナーでも、家族カードを作成可能です。

また、アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードは、婚姻関係のない相手でも、家族カードを発行できるといわれています。

年会費の負担などを考慮すると、家族カードを作りたい同棲カップルには、楽天カードがおすすめです。

同棲中にクレジットカードでお金を管理するメリット

同棲中にクレジットカードでお金を管理するメリットは以下の2つです。

それぞれの項目について解説します。

カード利用でポイントが貯まって節約につながる

クレジットカードの最大の魅力は、カード利用に対してポイントが付与されることです。

たとえば、還元率1%の楽天カードで家賃や食費、携帯電話料金などをクレジットカードで支払い、毎月10万円のカード利用を継続すると、1ヶ月で1,000ポイント、年間12,000ポイントが貯まります。

  • 10万円×1%=1,000ポイント(1ヶ月あたりの獲得ポイント)
  • 1,000ポイント×12ヶ月=12,000ポイント(年間の獲得ポイント)

12,000ポイントあれば、マクドナルドやガスト、はま寿司、大戸屋などを何度も無料で利用できます。

楽天トラベルでドカンと楽天ポイントを利用し、仲良く旅行に出かけるのもよいでしょう。

生活費や支出を可視化しやすい

クレジットカードが1枚あれば、細かいお金の管理からは解放され、食費や携帯代、光熱費、雑費などあらゆる支出を可視化できます。

生活費の管理は同棲カップルの重要な課題です。

お金のやりくりがルーズになると、恋人同士の関係にヒビが入る可能性も考えられます。

いつまでも仲良く過ごしたい同棲カップルにとって、クレジットカードはマストアイテムといっても過言ではありません。

同棲カップルがクレジットカードを選ぶ際のポイント

同棲カップルがクレジットカードを選ぶ際のポイントは以下の4つです。

明確な基準を持っていれば、クレジットカード選びでも迷いが生じません。

年会費無料のクレジットカードは間違いなし

節約重視で考えるなら、年会費無料のクレジットカードを選んでおいて間違いはありません。

ここでは本カード、ETCカード、家族カードをすべて永年無料で作成できるクレジットカードを紹介します。

クレジットカード 主な特典
JCB カード W スターバックスカードへのチャージやStarbucks eGiftの購入で還元率アップ
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード QUICPayの利用で最大2%還元
イオンカードセレクト 電子マネーWAONへのオートチャージでポイント付与
セゾンカードインターナショナル 本カードとETCカードを最短即日で発行できる
Orico Card THE POINT 入会後半年間は2%還元

年会費無料のクレカは、上手に活用できなかったとしてもリスクがないため、安心して作成できます。

高還元カードなら自然と節約につながる

カード利用でガンガンポイントを稼ぎたい人は、還元率に優れたクレジットカードに目を向けてみましょう。

クレジットカード 基本還元率 還元率が上がる特典や加盟店
楽天カード 1% SPU(スーパーポイントアッププログラム)の利用でポイント最大14倍
JCB カード W 1% スターバックスカードへのチャージやStarbucks eGiftの購入で還元率アップ(ポイント最大21倍)
dカード 1% d払いでポイント3重取り(最大2%還元)
Orico Card THE POINT 1% 入会後半年間は2%還元
リクルートカード 1.2% じゃらんやホットペッパー、ポンパレモールなどの利用で還元率アップ(最大4.2%還元)

楽天経済圏の住人なら、楽天カード×SPUでザクザクポイントが貯まります。

スタバデートの機会が多い同棲カップルは、JCB カード Wを作成しておいて間違いなしです。

普段使いする店舗と親和性の高いカードを探す

普段使いする店舗と相性のいいクレジットカードを探すのも有効です。

クレジットカード 相性のいい加盟店と主な特典
JCB カード W スターバックスカードへのチャージやStarbucks eGiftの購入で還元率アップ(ポイント最大21倍)
三井住友カード(NL) セブン-イレブンやマクドナルドの利用で最大5%還元
イオンカードセレクト 毎月20日・30日はイオンで5%還元
エポスカード 年に4回マルイで10%オフ
ローソンPontaプラス ローソンの利用で最大6%還元

三井住友カード(NL)は基本還元率0.5%のクレジットカードですが、セブン-イレブンやマクドナルドで使えば最大5%還元が得られます。

エポスカードの会員なら、年に4回マルイで10%オフで買い物ができます。

10%オフに加え、クレジット決済分の0.5%も上乗せされるため、合計還元率は10.5%です。

利用頻度の高い店舗と親和性の高いクレカを持っておくと、節約効果がうなぎのぼりになります。

旅行好きのカップルは旅行傷害保険を要チェック

旅行好きの同棲カップルは、旅行傷害保険が充実したクレジットカードを持っておきましょう。

クレジットカード 旅行傷害保険
JCB一般カード ・最大3,000万円の海外旅行傷害保険
・最大3,000万円の国内旅行傷害保険
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード ・最大3,000万円の海外旅行傷害保険
・最大3,000万円の国内旅行傷害保険
dカード ・最大2,000万円の海外旅行傷害保険(29歳以下のみ)
・最大2,000万円の国内旅行傷害保険(29歳以下のみ)
リクルートカード ・最大2,000万円の海外旅行傷害保険
・最大1,000万円の国内旅行傷害保険

上記はいずれも、年会費無料で作成できるクレジットカードです。

海外旅行傷害保険だけを付帯したいなら、自動付帯で最大2,000万円の海外旅行傷害保険が適用されるエポスカードが有力候補です。

クレジットカードで生活費の管理をしたい同棲カップルにおすすめの1枚

ハイスペックなクレジットカードは数多く存在するため、クレカ選びで迷っている同棲カップルもいるでしょう。

ここでは、同棲カップルにおすすめの共同クレカや、共同口座でクレカを2枚作成する方法を解説します。

同棲カップルの共同クレジットカードは楽天がおすすめ

同棲カップルにおすすめしたい共同クレジットカードは楽天カードです。

楽天カードはVISA・Mastercard・JCB・アメックスから好きな国際ブランドを選べるうえ、一般加盟店で1%のポイント還元が得られます。

さらに、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用すれば、最大14倍のポイントを稼ぐことも可能です。

楽天ポイントはマクドナルドやファミリーマート、ガストなどの加盟店で利用できるほか、ANAマイルにも交換できます。

楽天カードは流通系に分類されるクレカで、審査もそこまで厳しくないため、審査に自信のない同棲カップルにもぴったりです。

同棲中に共同口座でクレジットカードを2枚発行する方法

同棲中に共同口座でクレカを2枚持つには、家族カードの発行が必要です。

一般的には、婚姻関係を持たないカップルが家族カードを持つのは困難ですが、以下のクレジットカードなら、事実婚のカップルや同性パートナーでも、家族カードを作成できます。

  • 楽天カード
  • アメリカン・エキスプレスのクレジットカード

ただし、アメックスのクレカは最安のアメリカン・エキスプレス・グリーン・カードでも、年間13,200円(税込)のコストがかかります。

年会費の負担をふまえると、やはり楽天カードが有力候補といえるでしょう。

クレカを作成できない同棲カップルにはデビットカードがおすすめ

クレカを作成できない事情がある場合、審査なしで発行可能なデビットカードがおすすめです。

「デビットカードとは?」と思われる人に向けて、クレジットカードとの違いを簡単に解説します。

クレジットカード デビットカード
審査 審査あり 審査なし
対象年齢 高校生を除く18歳以上が一般的 中学生を除く15歳以上が一般的
年会費 有料のカードもある 永年無料
支払いのタイミング カード利用日の翌月以降が一般的 カード利用時に口座から引き落としがかかる

クレジットカードはカード利用日の翌月以降に引き落としがかかるケースが一般的ですが、デビットカードはカード決済で支払う瞬間に、口座から引き落としがおこなわれます。

デビットカードは、口座に残っている金額以上の利用はできないため、使いすぎを防ぐ意味で非常に優秀です。

ちなみに、デビットカードのおすすめは楽天デビットカードです。

Web手続きで簡単に作成できるうえ、VISA・Mastercard・JCBのどれを選んでも、1%のポイントを貯められます。

安定して1%のポイントを獲得できるお得なデビットカードは、楽天デビットカード以外にありません。

カップル向けのアプリで共同財布を作るのも1つの方法

共同財布をカップル向けのアプリで作るのも1つの方法です。

ここでは同棲カップルの暮らしに役立つ2つのアプリを紹介します。

もちろん、アプリの入会費や年会費などは一切かかりません。

それぞれのアプリのサービス内容や使い方を解説します。

即座にプリペイド式のバーチャルカードを作成可能|Kyash

Kyash審査なしで即座に、プリペイド式のVISAバーチャルカードを作成できるアプリです。

利用したい分だけ、コンビニや銀行口座から入金すれば決済の準備が完了します。

書類や手数料なしで共同口座を作成できるため、お金をしっかり管理したい同棲カップルにぴったりです。

ユーザーからは「たまったレシートの集計や家計簿をつける手間が解消」「スマホ1つで生活費の口座にお金を集められて簡単」などの声があがっています。

年会費無料でMastercardを発行できる|ファミリーバンク

ファミリーバンク年会費無料のMastercardを発行できる口座管理アプリです。

一般的なクレジットカードとは異なり、ファミリーバンクは同じ口座に紐づくカードを2名分作成できます。

Apple PayやAndroidの「おサイフケータイ」にも対応しているため、使い勝手は申し分ありません。

利用者からの評判は、「生活費に関する喧嘩が減った」「家計の貯金が貯まりやすくなった」など非常に良好です。

同棲カップルがクレジットカードを利用する際の注意点

ここでは、同棲カップルがクレジットカードを利用する際の注意点を2つお伝えします。

これからクレジットカードを作成する人はぜひ確認してください。

1枚のクレジットカードを共有するのは厳禁

1枚のクレジットカードを同棲カップル間で共有するのは厳禁です。

名義人以外の第三者がクレジットカードを利用した場合、規約違反に該当します。

最悪の場合、大切なクレジットカードが強制解約に至るケースもあるため、十分に注意しましょう。

共同口座を設定できないクレジットカードがある

楽天カードやアメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、同棲カップルで家族カードを作成し、共同口座を持つことが可能です。

ただし、多くのカード会社は、婚姻関係がない人の家族カードを作ることや、共同口座の設定はできません。

楽天カードやアメリカン・エキスプレスのクレジットカードの事例は、レアケースと認識しておきましょう。

同棲カップルがクレジットカードを作る際のよくある質問

同棲カップル×クレジットカードのよくある質問をまとめました。

疑問をすべて解消したうえで、クレジットカードの作成手続きを進めてください。

同棲カップルがクレジットカードを作成するメリットは?

カードを使うたびにポイントが貯まり、生活費や支出を可視化しやすくなるのが大きなメリットです。

お金の流れを明確に把握でき、立替や精算の必要がなくなるのは非常に便利です。

同棲カップルにおすすめのクレカは?

年会費無料の楽天カードがおすすめです。

楽天カードは1%還元でポイントが貯まるうえ、事実婚のカップルや同性カップルでも家族カードや共同口座を持つことができます。

クレジットカードは恋人と共有できる?

クレジットカードの共有は規約違反です。

強制解約の原因になるため、十分に気をつけましょう。

同棲カップルがクレカを2枚作成する場合におすすめのカードは?

楽天カードやアメリカン・エキスプレスのクレジットカードをおすすめします。

Kyashやファミリーバンクなどカップル向けのアプリで共同財布を作るのもスマートです。

彼氏の口座からクレジットカードの引き落としは可能?

共同口座を所有すれば可能です。

彼女名義の口座で家族カードを作成できる?

作成できます。

楽天カードやアメリカン・エキスプレスのクレジットカードなど、家族カードの作成に対して柔軟なカード会社を選ぶとよいでしょう。

まとめ|同棲カップルはクレジットカード利用で上手にやりくりしよう

同棲カップルが仲良く過ごすうえで、お金の管理は避けて通れない課題です。

楽天カードやアメリカン・エキスプレスのクレジットカードのほか、Kyashやファミリーバンクなどのアプリを活用すれば、初めてでも簡単に、ペアカードや共有口座を作ることができます。

ぜひ今日からクレジットカードや家族カード、共有口座を作成し、スマートなお金のやりくりを実現してください。