無職でもETCカードは発行できる?収入がない人におすすめのクレジットカードを紹介!

無職でもETCカードは作れる?

無職におすすめのクレジットカードやETCカードは?

結論からいうと、無職や収入ゼロでもETCカードを入手することは可能です。

もちろん、審査ハードルの高いクレジットカードの場合、ETCカードを作成できない可能性も考えられます。

この記事では、無職でもETCカードを作成する方法や、無職におすすめのクレジットカードやETCカードの情報について解説します。

ETCカードの作成を検討している人はぜひ、参考にしてください。

無職でもETCカードは作成できる?

無職でもETCカードは作成できます。

ただし、クレジットカード選びや信用情報は重要です。

必ず審査が通るETCカード

「必ず審査が通る」と公表されているETCカードはありません。

ただし、ETCパーソナルカードなら、審査なしでETC専用カードを発行できます。

ETCパーソナルカードは20,000円〜80,000円のデポジットに加え、1,257円(税込)の年会費がかかる点に注意が必要です。

楽天ETCカードは審査なし

楽天カードは無職や年収ゼロの人でも、審査を突破した事例があるクレカです。

さすがに「審査なし」とは言えないものの、楽天カードや楽天ETCカードを発行するための審査ハードルは低いと考えてよいでしょう。

家族名義のETCカードを作成するのも1つの方法

審査が心配な人は、家族名義のETCカードを作成するのがおすすめです。

たとえば、株式会社クレディセゾンが発行するセゾンカードは、家族会員がETCカードを無料で追加できます。

無職でゴールドカードを作ることは可能?

無職の人がいきなりゴールドカードを作るのは少しハードルが高いです。

まずは一般カードを発行し、カードの利用実績を積みるのがおすすめです。

イオンカードやイオンカードセレクトは、年間50万円以上のカード利用で、イオンゴールドカードへのインビテーションが届きます。

ブラックにはETCパーソナルカードがおすすめ

信用情報に傷がつき、いわゆるブラック状態に陥った人は、ETCパーソナルカードがおすすめです。

ETCパーソナルカードは審査なしで発行できますが、20,000円〜80,000円のデポジットと1,257円(税込)の年会費が必要です。

WEB完結では申し込みできないため、興味がある人はネットで申込書を作成し、郵送で手続きを進めましょう。

無職の人におすすめ|ETCカードを作りやすいクレジットカードランキング

ここでは、ETCカードを作りやすいクレジットカードを紹介します。

クレジットカード クレジットカードの系統 年会費 カードランク
楽天カード 流通系 永年無料
一般カード
イオンカード 流通系
セゾンカードインターナショナル 信販系
セディナカードJiyu!da! 信販系
dカード 流通系
リクルートカード 流通系
JCB カード W 信販系

クレジットカードの系統や年会費、カードランクなどに目を向けると、発行しやすいかどうかがある程度わかります。

一般的に流通系や信販系のクレジットカードは、三井住友カードや三菱UFJカードなどの銀行系と比較し、審査をクリアしやすいです。

年会費やカードランクはおおむね審査難易度に比例するため、年会費無料の一般カードは作成しやすいでしょう。

それぞれのETCカードの特徴を解説します。

楽天カード

楽天カードは流通系のクレカで、「無職や年収ゼロでも作れる」と評判のカードです。

もちろん、すべての申込者が楽天カードの審査を突破できるとは限りません。

ただし、ETCカードを作成しやすいクレカであることは間違いないでしょう。

イオンカード

イオンカードは審査が通りやすいと言われる流通系のクレジットカードです。

とくに年会費無料のイオンカード(WAON一体型)やイオンカードセレクトは、クレカとETCカードを作成しやすいと考えられます。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルがおすすめの理由は2つあります。

  • 信販系のクレジットカードで審査が通りやすい
  • 店頭申し込みなら本カードとETCカードを最短即日で発行できる

ETCカードを即日で発行できるのはセゾン系のクレカのみです。

今すぐクレジットカードやETCカードを使いたい人は、セゾンカードインターナショナルを選びましょう。

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!は以下の理由につき、ETCカードを作成しやすいと考えられます。

  • セディナカードJiyu!da!は信販系のクレジットカード
  • セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用のクレジットカード

審査が不安な人は、一般的な信販系カードより、セディナカードJiyu!da!を選ぶほうが安心です。

dカード

dカードは流通系のクレジットカードです。

本カードとETCカードの審査は突破しやすいと考えられます。

dカードのETCカードは初年度無料で、2年目以降は550円(税込)の年会費がかかりますが、前年に一度でもカード利用があれば無料になります。

リクルートカード

リクルートカードは年会費無料の流通系カードです。

本カードとETCカードは永年無料で作成できることもふまえ、作成しやすいと考えられます。

リクルートカードは1.2%還元が得られるため、クレカやETCカードの利用でポイントが貯まりやすいです。

JCB カード W

JCB カード Wは年会費無料の信販系カードです。

本カードとETCカードは永年無料で作成できるため、審査を突破しやすいと考えられます。

JCB カード Wはクレジットカード初心者の対象になりやすい人気カードです。

無職でも作れた?クレジットカード審査通過のコツ

無職でクレジットカードの審査に臨む人は、以下のポイントをおさえましょう。

それぞれの項目を解説します。

キャッシング枠0で申し込みする

キャッシング枠0で申し込むと、クレジットカードやETCカードの審査をクリアしやすくなります。

キャッシング枠の額面と審査難易度は比例します。

カード会社にとって、キャッシング枠0でエントリーする申込者は、貸し倒れのリスクが少ない会員です。

キャッシング枠が欲しい人は、クレジットカードとETCカードを入手した後に申請しましょう。

入会キャンペーン中に申し込みする

入会キャンペーン中は、審査をうまく切り抜ける絶好のチャンスです。

そもそもカード会社がキャンペーンを実施する理由は、1人でも多くの会員を獲得するためです。

キャンペーンがない時期と比較し、お得なキャンペーンが展開されているタイミングは、クレカやETCカードを入手しやすいと言えるでしょう。

無職や収入ゼロでもOK|学生や専業主婦のETCカードの作り方

学生や専業主婦がクレジットカードやETCカードを申し込みする際、意識したいポイントは以下のとおりです。

  • 職業欄で「フリーター」ではなく「学生」や「主婦」を選択する
  • 世帯年収を申告する

職業欄で「フリーター」を選択すると、「収入が不安定な社会人」と見なされるリスクがあります。

一方、「学生」や「主婦」なら収入ゼロの言い訳が立ちます。

学生や主婦に対し、カード会社は世帯年収を審査の材料にするため、クレカやETCカードを発行しやすくなるでしょう。

ちなみに、この記事で紹介しているETCカードはいずれも、発行手数料はかかりません。

気になるカードがあればぜひ、公式サイト経由で作成してください。

ETCカードに関するよくある質問

ETCカードに関するよくある質問をまとめました。

作成手続きの前にチェックしてください。

審査不要のETCカードはある?

ETCパーソナルカードは審査不要で発行できます。

ただし、20,000円〜80,000円のデポジットに加え、1,257円(税込)の年会費がかかる点はデメリットです。

クレカなしのETCカードはある?

ETCカードはクレジットカードに付帯して作成するのが一般的です。

例外として、ETCパーソナルカードは、ETC専用カードのみを作成できます。

先払いが可能なプリペイド式のETCカードはある?

プリペイド式のETCカードはありません。

万が一、残高が不足している状態でETCレーンに入った場合、大事故を招く恐れがあるためです。

クレカを持てない人や作れない人がETCカードを発行する方法は?

クレジットカードを作成できない人は、ETCパーソナルカードを検討しましょう。

ちなみに、クレカやETCカードの審査が不安な人には「無職や収入ゼロでも審査に通る」と噂の楽天カードがおすすめです。

ETCパーソナルカードはクレヒスを構築できる?

ETCパーソナルカードの利用で、クレヒスは構築できません。

クレヒスを積みたい人は、クレジットカード付帯のETCカードを作成しましょう。

まとめ|ETCカードは無職でも作成可能

ETCカードは無職でも作成できます。

審査に自信を持てない人は、審査が甘いと評判の楽天カードがおすすめです。

どうしても審査を突破できない場合は、審査なしのETCパーソナルカードを検討しましょう。