ETC一体型のクレジットカードは廃止?年会費無料のおすすめETCカードを紹介!

ETC一体型クレジットカードは作成できる?

ETCカードのおすすめは?

ETC一体型クレジットカードはセキュリティ面を主な理由に、2018年に廃止されました。

現在は分離型のETCカードが主流で、三井住友カード(NL)JCB カード WなどのETCカードが人気を集めています。

この記事を読むと、ETC一体型クレジットカードが廃止された背景や、おすすめの分離型ETCカードに関する知識や情報が得られます。

ETCカードの上手な選び方についても解説しているため、ぜひ参考にしてください。

目次

ETC一体型クレジットカードが廃止された理由

ETC一体型クレジットカードは以下の3つの理由につき、2018年に廃止されました。

  1. 盗難のリスクがあるため
  2. ETCカードを挿し忘れやすくなるため
  3. 車内の熱でカードが劣化するため

それぞれの項目について解説します。

盗難のリスクがあるため

ETC一体型クレジットカードが廃止された理由は、盗難およびクレジットカードの悪用を防ぐ意味が大きいです。

仮に車上荒らしの被害に遭い、ETC車載器に挿入したままのETC一体型クレジットカードが盗まれた場合、第三者に悪用されてしまいます。

しかしETCカードとクレジットカードがそれぞれ独立していれば、車内のETCカードが盗まれても、一般加盟店やネット通販で悪用はされません。

盗難のリスクやクレジット決済の被害を最小限におさえるうえで、ETC一体型クレジットカードの廃止は有力な一手といえます。

ETCカードを挿し忘れやすくなるため

ETCカードとクレジットカードが一体型になっていると、有料道路の利用後に都度、カードを車載器から抜き取る必要があるため、ETCカードの挿入忘れが生じやすくなります。

万が一、ETCカードなしでETCレーンに突入した場合、大事故に発展するかもしれません。

ETCカードとクレジットカードが分離型になった現在では、ETCカードを挿入したままにしやすく、ETCレーンで事故を起こす確率を大幅に下げることができます。

車内の熱でカードが劣化するため

プラスチック製のカードを車載器に長時間放置しておくと、熱でカードが劣化する恐れがあります。

仮にETC一体型クレジットカードが熱で劣化した場合、クレジット決済の端末やATMに挿入した際、詰まってしまうケースもあるでしょう。

ETCカードとクレジットカードを別々にすることで、クレジットカードを安全に使い続けることができます。

ETCカードの作り方は大きく3通り

ETCカードを発行する方法は大きく3通りです。

  1. クレジットカードとETCカードを同時に作成する
  2. すでに持っているクレジットカードに、ETCカードを追加で付帯する
  3. ETCパーソナルカードを作成する

ETCパーソナルカードは審査不要のETC専用カードですが、20,000円〜80,000円のデポジットに加え、1,257円(税込)の年会費がかかるため、あまりおすすめとはいえません。

ETCカードはクレジットカードと同時に作るか、すでに所有しているクレカに追加するのが一般的だと認識しておきましょう。

ETC一体型クレジットカードは廃止分離型でおすすめの年会費無料ETCカード

ETCカードを作成するうえでおすすめのクレカは以下のとおりです。

ここで紹介するETCカードはいずれも、カード利用でポイントが付与されるうえ、ETCマイレージサービスへの登録(完全無料)で通行料金がさらに安くなります。

少しでも有料道路を利用する機会があるなら、ETCカードを作成しておいて損はありません。

各カード会社が提供するETCカードの詳細を解説します。

銀行系カードの代表格|三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)のETCカードは初年度無料です。

2年目以降は550円(税込)の年会費が発生しますが、前年に一度でも利用があれば、年会費はかかりません。

ETCカードの利用に対し、0.5%のVポイントが貯まります。

Vポイントはネットショップやコンビニの支払いに使えるほか、キャッシュバックにも充当できます。

項目 特徴
券面画像 三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
ETCカード年会費 初年度無料 2年目以降:550円(税込) 前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 0.5%
特典 ・ナンバーレス仕様でセキュリティに優れている
・コンビニやマクドナルドで最大5%還元
・ポイントUPモールの経由で最大+9.5%還元
・ココイコ!の利用でポイント還元 or キャッシュバック
・選んだお店で+0.5%還元
・学生はAmazonプライムやdTVなどで+9.5%還元
・SBI証券の投信積立で0.5%還元
・旅行傷害保険を選べる無料保険に切り替えできる
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
旅行傷害保険 最大2,000万円の海外旅行傷害保険
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短5分

公式サイトはこちら

特約店の利用でポイント最大21倍|JCB カード W

JCB カード WのETCカードは永年無料です。

ETCカードの利用で1%のOki Dokiポイントが貯まります。

Oki Dokiポイントは楽天ポイントやdポイント、ANAマイル、JALマイルなど幅広い商品に交換可能です。

項目 特徴
券面画像 JCB CARD W
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 1%
特典 ・ナンバーレス仕様でセキュリティに優れている
・特約店の利用でポイント最大21倍
・Oki Dokiランドの利用でネット通販の還元率が優遇される
・女性向けの疾病保険に格安で加入できる(JCB カード W plus L)
国際ブランド JCB
旅行傷害保険 最大2,000万円の海外旅行傷害保険
ショッピング保険 最大100万円の海外ショッピングガード保険
申込み対象(年齢) 18〜39歳
審査期間 最短5分

公式サイトはこちら

特約店の利用でザクザクポイントが貯まる|dカード

dカードのETCカードは初年度無料です。

2年目以降は550円(税込)の年会費が発生しますが、前年に一度でもカード利用があれば、年会費の負担はありません。

ETCカードの利用で1%のdポイントが貯まります。

dポイントはセブン-イレブンやマクドナルド、Amazonなどで使えるほか、JALマイルに交換可能です。

項目 特徴
券面画像 dカード
年会費 永年無料
ETCカード年会費 初年度無料 2年目以降:550円(税込) 前年に一度でもカード利用があれば無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 1%
特典 ・d払いの利用でポイント3重取り
・特約店や加盟店の利用で還元率アップ
・dカード ポイントモールの経由でネット通販がお得になる
・最大1万円のdカードケータイ補償が付帯
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
旅行傷害保険 ・最大2,000万円の海外旅行傷害保険(29歳以下のみ)
・最大2,000万円の国内旅行傷害保険(29歳以下のみ)
ショッピング保険 最大100万円のお買い物あんしん保険
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短5分

公式サイトはこちら

SPUやキャンペーンの活用でザクザクポイントが貯まる|楽天カード

楽天カードのETCカードは550円(税込)の年会費がかかります。

ただし、楽天会員でプラチナもしくはダイヤモンドを達成すれば、年会費無料でETCカードを保有可能です。

ETCカードの利用に対し、1%の楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイントはマクドナルドやファミリーマート、ガストなどで利用できるほか、ANAマイルに交換できます。

項目 特徴
券面画像 楽天カード
年会費 永年無料
ETCカード年会費 550円(税込) 楽天会員ランクでプラチナ/ダイヤモンドの人は無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 1%
特典 ・SPUの利用で最大14倍のポイント還元
・楽天ポイントカード加盟店で還元率が優遇される
・毎月5と0のつく日は+2倍のポイント還元
・電子マネー楽天Edyへのチャージでポイント付与
・女性向けの格安疾病保険に加入できる(楽天PINKカード)
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
旅行傷害保険 最大2,000万円の海外旅行傷害保険
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 1週間程度

公式サイトはこちら

マルイで10%オフ|エポスカード

エポスカードのETCカードは永年無料です。

ETCカードの利用で0.5%のエポスポイントが貯まります。

エポスポイントはマルイで利用できるほか、ANAマイルやJALマイルに交換可能です。

項目 特徴
券面画像 エポスカード
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 なし
還元率 0.5%
特典 ・マルイで10%オフ
・全国7,000店舗で優待を利用できる
・エポスポイントUPサイトの経由でネット通販の還元率が優遇される
国際ブランド Visa
旅行傷害保険 最大2,000万円の海外旅行傷害保険
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短即日

公式サイトはこちら

コスモ石油を会員価格で利用可能|コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパスのETCカードは永年無料です。

ETCカードの利用に対し、0.5%のWAON POINTが貯まります。

WAON POINTはイオンやミニストップで利用できるほか、電子マネーWAONへのチャージに利用可能です。

コスモ・ザ・カード・オーパスはコスモ石油で会員価格が適用されるうえ、燃料油が最大500円割引になるため、高速道路の利用頻度が高い人におすすめといえます。

項目 特徴
券面画像 コスモ・ザ・カード・オーパス
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 0.5%
特典 ・コスモ石油で燃料油50リットル分が最大500円まで割引
・コスモ石油をカード会員価格で利用できる
・イオン系列の利用はいつでもポイント2倍
・毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はイオン系列で5%オフ
・イオンシネマの映画料金がいつでも300円オフ(お客さま感謝デーは700円オフ)
・WAONへのオートチャージでポイントが貯まる(イオンカードセレクト)
・イオンカードポイントモールの経由でネット通販の還元率アップ
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 最大50万円のショッピングセーフティ保険
申込み対象(年齢) 18歳以上卒業年度の1月1日以降なら高校生も入会可能
審査期間 最短5分

公式サイトはこちら

入会後半年間は2%還元|Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTのETCカードは永年無料です。

通常はETCカードの利用金額に対し、1%のオリコポイントが貯まりますが、入会から半年間は2%還元が適用されます。

オリコポイントはdポイントやANAマイル、JALマイルなどに交換可能です。

項目 特徴
券面画像 Orico Card THE POINT
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 1%
特典 ・入会後半年間は2%還元
・最大8%オフで旅行パッケージを利用できる
・オリコモールの経由でネット通販の還元率が優遇される
国際ブランド ・Mastercard
・JCB
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短8営業日

公式サイトはこちら

イオン系列で5%オフ|イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのETCカードは永年無料です。

ETCカードの利用で、0.5%のWAON POINTが貯まります。

WAON POINTはイオンやミニストップで利用できるほか、電子マネーWAONへのチャージに利用可能です。

項目 特徴
券面画像 イオンセレクトカード
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 0.5%
特典 ・イオン系列で常にポイント2倍
・毎月20・30日はイオン系列で5%オフ
・イオンシネマの料金は300円オフ(毎月20・30日は700円オフ)
・電子マネーWAONへのオートチャージでポイント付与
・イオンカードポイントモールの利用でネット通販の還元率が優遇される
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 最大50万円のショッピングセーフティ保険
申込み対象(年齢) 18歳以上 卒業年度の1月1日以降なら高校生も入会可能
審査期間 最短即日

公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルのETCカードは永年無料です。

ETCカードの利用で、0.5%の永久不滅ポイントが貯まります。

永久不滅ポイントはAmazonギフト券やANAマイル、JALマイルに交換可能です。

セゾンカードインターナショナルは店頭申し込みに限り、本カードとETCカードの即日発行ができます。

とにかく急ぎでETCカードを入手したい人におすすめです。

項目 特徴
券面画像 セゾンカードインターナショナル
年会費 永年無料
ETCカード年会費 永年無料
家族カード年会費 永年無料
還元率 0.5%
特典 ・セゾンポイントモールの経由でポイント最大30倍
・最大8%オフで国内外のパッケージツアーを利用可能
・全国の人気店舗やネットショップで優待を利用可能
・ABEMAプレミアムが3ヶ月無料
・格安保険のSuper Value Plusに加入できる
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
申込み対象(年齢) 18歳以上
審査期間 最短5分

公式サイトはこちら

失敗しないETCカードの選び方

ここでは、失敗しないETCカード選びの3つのポイントをお伝えします。

ETCカード選びで頭を抱えている人はぜひ、参考にしてください。

年会費や発行手数料がかからないカードを選ぶ

節約するうえで最も重要なポイントは、年会費や発行手数料がかからないETCカードを選ぶことです。

たとえば、PayPayカードは550円(税込)の年会費が確実にかかります。

三菱UFJカード VIASOカードは新規発行手数料の1,100円(税込)が必要です。

一方、JCB カード WエポスカードOrico Card THE POINTなら、本カードとETCカードを永年無料で作成できます。

クレジットカード初心者でも、ランニングコストが一切かからないカードは安心感が抜群です。

還元率に優れたカードを選ぶ

クレジットカードやETCカードの利用頻度が高い人は、還元率の高いカードを選ぶのがおすすめです。

ライフカードのように、ETCカードの利用でポイント還元がないカードもあるため、注意してください。

効率よくポイントを稼ぐうえでおすすめのクレカ&ETCカードは以下のとおりです。

JCB カード WOrico Card THE POINTは、本カードとETCカードを永年無料で保有できます。

ガソリンスタンドで優待が得られるカードを選ぶ

通勤や通学で車やバイクを利用する人は、ガソリンスタンドで以下の優待が得られるコスモ・ザ・カード・オーパスがおすすめです。

  • コスモ石油で燃料油が50リットル分割引
  • 会員価格でコスモ石油を利用できる

コスモ・ザ・カード・オーパス本カードとETCカードを永年無料で保有できます。

ランニングコストが一切かからないうえ、コスモ石油で優待が適用されるのは非常にお得です。

バイク用ETCは一体型と分離型どちらがいい?

バイク用のETCは一体型と分離型があります。

それぞれのメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
一体型 ・分離型より安価
・カードの抜き差しが簡単
・分離型より設置スペースがとられる
・本体がむき出しで盗難リスクが高い
分離型 ・一体型より設置スペースが少なくて済む
・設置場所によっては本体が外部にさらされず、盗難リスクが低い
・一体型より高価
・カードの抜き差しがしにくい

安さと使いやすさ重視なら一体型がおすすめです。

設置スペースや盗難リスクが気になる人にとっては、分離型に軍配が上がります。

ライダーさんはぜひ参考にしてください。

ETCカードを実際に作ってみよう

ETCカードを作成する方法は簡単です。

JCB カード Wを例に、ETCカードを作成する手順を解説します。

  1. JCB カード Wの公式サイトにアクセス
  2. 「ナンバーレスを申し込む」もしくは「カード番号ありを申し込む」を選択
  3. 画面の案内にしたがい、必要事項を入力して送信
  4. JCB カード Wの審査が実施される
  5. JCB カード WとETCカードが発行に至る

以上で申し込み手続きは完了します。

JCB カード Wは「通常申し込み」と「即時入会(モバ即)」のいずれかを選択できますが、通常申し込みならETCカードや家族カードを同時に発行可能です。

  • 通常申し込み:ETCカードや家族カードを同時に発行できる
  • 即時入会(モバ即):本カードの番号を最短5分で取得できる(追加でETCカードの申し込み手続きが必要)

通常申し込みと即時入会(モバ即)のどちらを選んでも、ETCカードが到着するまでの期間は1週間程度です。

ETCカードを即日発行したいなら、セゾンカードインターナショナルを選ぶとよいでしょう。

ETCカードに関するよくある質問

ETCカードに関するよくある質問を集めました。

疑問をすべて解消したうえで、クレジットカードやETCカードを作成しましょう。

ETC一体型クレカが廃止された理由は?

盗難のリスクやETCカードの挿し忘れ、車内の熱によるカードの劣化などが懸念され、2018年にETC一体型クレカが廃止されました。

ETCカードの申し込み方法や追加方法は?

ETCカードはクレジットカードと同時に申し込みするか、すでに持っているクレカに追加するのが一般的です。

年会費無料のETCカードのおすすめは?

JCB カード WエポスカードOrico Card THE POINTがおすすめです。

いずれも本カードとETCカードを永年無料で作成できます。

ETCカードを選ぶ際のコツは?

年会費や新規発行手数料、還元率などを見るのがコツです。

ちなみに完全無料で作成できるうえ、還元率に優れたカードの代表格は、JCB カード WOrico Card THE POINTです。

通勤や通学で車やバイクを普段使いする人は、ガソリンスタンドで優待が得られるコスモ・ザ・カード・オーパスを選ぶとよいでしょう。

まとめ|ETCカードは一体型ではなく分離型が主流

ETC一体型カードは、盗難のリスクやETCカードの挿し忘れ、車内の熱によるカードの劣化などを防ぐため、2018年に廃止されました。

現状はクレジットカードと同時にETCカードを作成するか、すでに所有しているクレカにETCカードを追加するのが主流です。

節約重視で選ぶなら、本カードとETCカードを永年無料で作成できるJCB カード WOrico Card THE POINTなどを検討してください。