VISAとJCBを比較比較!どっちが良い?違いは?おすすめカードも紹介!

「VISAとJCBの特徴や違いについて知りたい」

「VISAとJCBのおすすめのクレジットカードを知りたい」

このような疑問を抱えていませんか?

この記事では、世界シェアの高いカードブランドのVISAとJCBについてご紹介します。

最後まで読むことで、両ブランドの特徴や違い、メリットやデメリットについて知ることができるでしょう。

また、両ブランドの人気クレジットカードや、jcbでしか使えない店、visaの店舗数などよくある質問もまとめているので参考にしてください。

目次

VISAとJCBクレジットカードの違い

VISAとJCBクレジットカードの特徴や違いについて解説します。

VISAクレジットカードの特徴

VISAは世界シェアNo.1を誇る国際ブランドです。

使用できる国や地域、加盟店舗数は世界ランキング首位で、特に誕生国であるアメリカで普及しています。

VISAの詳細

誕生国 アメリカ
クレジットカード会員 23億人以上
加盟店舗数 3,000万以上
使用できる国・地域 一部の国を除く世界各国

※上記は世界全体の数値

VISAは、自社独自のクレジットカード(プロパーカード)を発行しておらず、ライセンスを提携先へ提供しています。

JCBクレジットカードの特徴

JCBは、唯一日本で誕生した国際ブランドです。

自社独自のクレジットカードを発行しており、会員限定の豊富なサービスや特典を提供しています。

VISAと比較すると、使用できる国や店舗数は限定的ですが、ハワイやグアム、韓国、台湾など、日本人観光客の多い主要国で使用可能です。

JCBの詳細

誕生国 日本
クレジットカード会員 1億4,000万人以上
加盟店舗数 2,500万以上
使用できる国・地域 日本、グアム、ハワイ、韓国、台湾など

※上記は世界全体の数値

VISAクレジットカードのメリットを解説

VISAクレジットカードのメリットについて解説します。

世界シェアNO.1で加盟店が多い

世界シェア首位のVISAは、ほかの国際ブランドより使用できる国や加盟店舗数が圧倒的に多く、いたる地域で普及しています

特に海外旅行や出張先での買い物に便利です。

決済手段としての信頼性が高い

VISAの年間の決済額は世界最大であり、決算手段として信頼性が高い特徴があります。

また、近年は高度なセキュリティ対策を設けている提携会社(カード会社)が多いため、誰でも安心してVISAカードを使用・管理できます

クレジットカードの種類が多い

需要の高いVISAは、クレジットカードの種類が豊富で好みのカードを選びやすいメリットがあります。

業界最大手特有の高い信頼性と安心感から、はじめてクレジットカードを持つ人にもおすすめです。

VISAクレジットカードのデメリットを解説

VISAクレジットカードのデメリットを解説します。

一部の決済システムで使用できない

VISAは、Apple payの使用制限があります。

Walletアプリを使用したSuicaへのチャージや、支払いはできないため注意しましょう。

JCBクレジットカードのメリットを解説

JCBクレジットカードのメリットを解説します。

プロパーカードのひとつで信頼性が高い

JCBは、自社で独自発行するプロパーカードを提供しています。

提携先のクレジット会社が発行するカードより信頼性が高いことから、安全性を重視するユーザーに人気です。

ポイントを貯めやすくポイント交換の種類が豊富

JCBは、会員向けのサービスや特典が豊富なことから、ユーザーに人気があります。

日本国内の需要は高く、以下の店舗では大幅なポイント還元の優待サービスが受けられます。

加盟店 ポイント還元(倍率)
スターバックス 10倍
ローチケHMV 7倍
セブンイレブン 3倍
昭和シェル石油 2倍

このほか、コンサートチケットなどを会員価格で購入できる「チケットJCB」や、海外で使用できる「JCBプラザラウンジ」も魅力です。

JCBクレジットカードのデメリットを解説

JCBクレジットカードのデメリットを解説します。

他の国際ブランドに比べて使える店舗が少ない

JCBは、VISAやMasterCardと比較して使用できる国や店舗数が少ないのが現状です。

特に米国や欧州での浸透率は低いため、海外へ渡航する際は別ブランドのカードを持参をしましょう。

VISAのおすすめのクレジットカードを徹底比較

VISAのおすすめのクレジットカードをご紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は、セキュリティ効果の高いナンバーレスカードです。

三井住友カード(NL)のおすすめポイント

三井住友カード(NL)のおすすめポイントは以下の3つです。

  1. SBI証券の投信積立の支払いに使用し、資産運用することでVポイントが貯まる
  2. 番号の盗み見や不正使用の心配がない安全・安心のナンバーレスカード
  3. 対象のコンビニや飲食店でVポイントが最大5%付与される

三井住友カード(NL)新規入会申込み・利用キャンペーン

  • 特典1/新規入会&利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント
  • 特典2/新規入会&スマホのタッチ決済3回利用で最大5,000円分Vポイントギフトコードプレゼント

申込み期間/2023年10月1日(日)~12月31日(日)

三井住友カード(NL)の詳細

デザイン 三井住友カード(NL)
申し込み資格 満18歳以上(高校生不可)
※20歳未満は保護者の同意が必要
年会費 永年無料
付帯サービス 海外旅行傷害保険
(最大2,000万円)
※選べる保険への切替えも可
※詳しくは公式サイトを参照
ポイント還元率
  • 基本/0.5% 200円=1ポイント付与
  • 対象のコンビニ・飲食店などでVISAのタッチ決済またはMastercard®️コンタクトレス/+4.5%(計5%)
  • コンビニ・スーパー・ドラッグストア・カフェ・ファーストフードなどから選択した3店舗/常時+0.5%
  • Vポイントアプリ、 Visaプリペ、かぞくのおさいふへのチャージ/0.25%
カード発行期間 即日〜2週間

三井住友カードには、法人向けの「ビジネスオーナーズ」カードもあります。

公式サイトはこちら

エポスカード

エポスカードは、VISA提携のハイスペックカードとして人気があります。

年会費・入会金が無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険が付帯しているのが魅力です。

エポスカードの新規入会特典

  • 郵送で受け取る場合/2,000円相当のポイントを付与
  • マイル店舗で受け取る場合/2,000円分のクーポンを配布

※2,000円相当のポイントは、マイルショッピングの場合適用
※一部特典対象外のカードあり
※クーポンは、有効期限つきの電子クーポン
※クーポンは、一部利用対象外のショップあり

エポスカードは全国の「エポスカードセンター」にて、最短即日発行・受け取りが可能です。

エポスカードの詳細

デザイン
申込み資格 18歳以上(高校生不可)
年会費・入会 無料
付帯サービス 海外旅行傷害保険
(最大500万円)
ポイント還元率
  • 通常利用/0.5%
  • 特約店利用/2倍以上
電子マネー・タッチ決済 VISAのタッチ決済

公式サイトはこちら

JCBのおすすめのクレジットカードを徹底比較

JCBのおすすめのクレジットカードをご紹介します。

JCB 一般カード

JCB 一般カードは、JCBを代表するスタンダードなクレジットカードです。

JCB 一般カードのおすすめポイント

JCB 一般カードのおすすめポイントは以下の3つです。

  1. JCBスマートフォン保険で最大30,000円(年間)補償
  2. 不正使用を防止する安全・安心なナンバーレスカード
  3. 優待店での利用でポイント最大20倍付与

JCB 一般カード新規入会&利用特典

  • 新規入会・Amazon.co.jp利用で、20%(最大30,000円)キャッシュバック
    キャンペーン期間/2023年10月1日(日)~12月4日(月)

JCB 一般カードの詳細

デザイン JCB一般カード
申込み資格 本会員

  • 安定継続収入のある18歳以上の本人または配偶者
  • 高校生を除く18歳以上の学生(一部申込み対象外の学校あり)

家族会員
生計をともにする18歳以上の配偶者・親・子ども(高校生不可)
※本会員が学生の場合は、家族カードの申込み不可

年会費・入会 本会員
1,375円(税込)
※オンライン入会の場合は初年度無料
「以下の2つの条件クリアで次年の年会費が無料」
年会費支払い月の前々月19日までにMyチェックの登録を済ませる
年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用
家族会員
440円(税込)
※本会員が無料の場合は、家族会員も無料
付帯サービス 旅行傷害保険(死亡・後遺障害)
海外・国内/最大3,000万円
ショッピングカード保険 海外/100万円
JCBスマートフォン保険 最大30,000円(年間)
※1事故あたり10,000円の自己負担額付与ポイントOki Dokiポイント電子マネー・タッチ決済
スマホ決済
  • Apple Pay
  • Google Pay
追加カード
  • ETCカード
  • QUICPayTM
  • 家族カード

公式サイトはこちら

JCB GOLD

JCB GOLDカードは、JCBが発行するハイスペックなクレジットカードです。

JCB GOLDカードのおすすめポイント

JCB GOLDカードのおすすめポイントは以下の3つです。

  1. JCB優待サービスを一般カードよりもお得な価格で利用できる
  2. 旅行傷害・ショッピング・スマホ保険は一般カードよりも補償が手厚い
  3. 優待店での利用でポイント還元が最大20倍

JCB GOLDカードの新規入会・利用特典

  • 新規入会・Amazon.co.jp利用で、20%(最大30,000円)キャッシュバック
    キャンペーン期間/2023年10月1日(日)~12月4日(月)

一定条件を満たすことにより、JCBゴールドザ・プレミアカード(招待制)に申し込めるようになります。

JCB GOLDカードの詳細

デザイン JCBゴールドカード
申込み資格 本会員
安定継続収入のある20歳以上(学生不可)
家族会員
生計をともにする18歳以上の配偶者・親・子ども(高校生不可)
年会費・入会 本会員
11,000円(税込)
※ネットからの入会は初年度無料
※切り替えの場合は、初年度年会費無料の対象
家族会員
1名無料、2人目からは1人あたり1,100円(税込)
※本会員の年会費が無料の場合は、家族会員も無料
付帯サービス 旅行傷害保険(死亡・後遺障害)

  • 海外/最大1億円
  • 国内/最大5,000万円

ショッピングカード保険
海外・国内/500万円(1事故あたり自己負担額3,000円)
JCBスマートフォン保険
最大50,000円(年間)
※1事故あたり10,000円の自己負担額

付与ポイント Oki Dokiポイント
電子マネー・タッチ決済
  • Apple Pay
  • Google Pay
追加カード
  • ETCカード
  • QUICPayTM
  • 家族カード

公式サイトはこちら

VISAかJCBのどちらか選べるおすすめのクレジットカード

VISAかJCBのどちらか選べるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

楽天カード

楽天カードは、VISAやJCBのほか、Amexが選べます。

楽天カードのおすすめポイント

楽天カードのおすすめポイントは以下の4つです。

  1. 還元率が1.0%!楽天ポイントが貯まりやすい
  2. 楽天市場で買い物をするとポイントが2倍貯まる
  3. 優待店が多く、楽天ポイントを貯めやすい
  4. 貯まった楽天ポイントは、月々の支払いや楽天グループで使える

楽天カードの新規申込み・利用で、合計5,000円分の楽天ポイントが付与されます。

楽天カード新規申込み・利用特典

  • 新規申込み/2,000ポイント
  • カード利用/3,000ポイント

※特典進呈には条件あり
※カード利用ポイントは、期間限定ポイントとして付与

各種楽天カードの詳細

デザイン 楽天カード
カードの種類
  • 一般
  • ゴールド
  • プレミアム
申込み資格
  • 一般/18歳以上
  • ゴールド/学生を除く20歳以上
  • プレミアム/安定収入のある20歳以上
年会費
  • 一般/永年無料
  • ゴールド/2,200円
  • プレミアム/11,000円
ポイント還元率 1.0%
※ANAマイレージカードは1.0〜3.0%
貯まるポイント
  • 一般・ゴールド・プレミアム/楽天ポイント
  • ANAマイレージカード/楽天ポイント・ANAマイル
国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Amex

※ANAマイレージカードは、VISA・MasterCard・JCBのみ

キャッシングの利息(金利) 実質年率18.0%
カード発行期間 約1週間

※ANAマイレージカードは、一般カードに分類

公式サイトはこちら

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオンが提供するクレジットカードです。

イオンカードの入会申込み・利用特典

  • いつ利用してもWAON POINTが基本の2倍になる
  • 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」に利用すると買物料金が5%オフになる
  • 毎月15日の「G.G感謝デー」に利用すると買物金額が5%オフになる(55歳以上限定)
  • 優待加盟店で利用するとポイントをお得に貯められる

一定条件のクリアで「イオンゴールドカード」に年会費無料でランクアップ可能です。

イオンゴールドカードに申し込むと、国内空港ラウンジや海外旅行傷害保険など、ハイレベルなサービスが受けられます。

イオンセレクトカードの詳細

デザイン イオンセレクトカード
年会費 無料
申込み資格 18歳以上
国際ブランド
  • JCB
  • MasterCard
  • VISA
ポイント還元率
  • イオン系列での利用/1.0%
  • 基本利用/0.5%(200円税込=1P加算)
付帯保険|ショッピングセーフティ保険 最高50万円(年間)
電子マネー・タッチ決済
  • WAON
  • VISA・JCBのタッチ決済
  • MasterscardⓇコンタクトレス

公式サイトはこちら

VISAクレジットカードが向いている人

VISAクレジットカードが向いている人の特徴をご紹介します。

旅行や出張で海外に行く機会が多い人

旅行や出張などで海外に行く機会が多い人は、以下の理由からVISAのクレジットカードが役立ちます。

VISAカードは、買い物の利便性が高いだけでなく、VISAやPLUSマークのついた海外ATMで、銀行口座から現地通貨を引き出せる強みがあります。

世界150ヶ国以上の国や地域で、24時間現地通貨の引き出しが可能です。

JCBクレジットカードが向いている人

JCBクレジットカードが向いている人の特徴をご紹介します。

日本国内でクレジットカードを使う機会が多い人

日本国内でクレジットカードを使用する機会が多い人は、JCBカードを選ぶとお得な特典を受けられます。

特にセブンイレブンやスターバックス、昭和シェル石油などの加盟店で使用すると、大量のポイントを入手できます。

貯まったポイントは各種割引や景品の交換などに使用できるので、ぜひ活用してみてください。

VISAとJCBクレジットカードを使い分ける上手な活用法

VISAとJCBクレジットカードをうまく使い分ける活用術をご紹介します。

使用目的に合わせてカードを使い分ける

シーンごとにクレジットカードを使い分けることで、スムーズなキャッシュレス決済が実現します。

また、使用できる店舗やクレジットカードの特徴を知っておくことで、決済不履行などのトラブルを回避できます。

ポイント還元率に合わせてカードを使い分ける

ポイント還元率に合わせてカードを使い分けることで、効率よくポイントを貯められます。

例えば、日本国内で公共料金や投資信託の購入にJCBカードを使用すると、お得にポイントが貯まります

1枚目のカードが使えなかったときの予備として持ち歩く

1枚目に提示したクレジットカードが使用できなかったときの予防策として、別ブランドのカードを持ち歩くのがおすすめです。

例えばJCBカードが使えない店舗に来店した場合、VISAカードを常備しておくと、支払いに困ることがありません

また、磁気不良などのトラブルが生じた際も、代わりのカードでスムーズに決済できます。

VISA・JCBクレジットカードに関するよくある質問

VISA・JCBクレジットカードに関するよくある質問に回答します。

楽天カードを作るならVISAとJCBのどちらがいい?

楽天カードを作る際も、ライフスタイルや使用方法に応じて国際ブランドを選ぶのがおすすめです。

VISAがおすすめの人 JCBがおすすめの人
  • 既にVISA以外のクレジットカードを持っている人
  • 米国や欧州など、JCBの加盟店が少ない国に渡航する人
  • はじめてクレジットカードを持つ人
  • たくさんのポイントを集めたい人
  • サービスや会員優待にこだわりたい人
  • 海外でJCBプラザラウンジを使いたい人
  • 日本国内での利用が多い人

提携カードの場合、VISAやJCBなど国際ブランドに優劣はほとんど見られません

各ブランドの特徴を見極めて、自分に合ったクレジットカードを選ぶのが得策です。

paypayカードを作るならVISAとJCBのどっちがいい?

PayPayカードも、ライフスタイルや使用目的、自分の好みに併せて国際ブランドを選ぶとよいでしょう。

PayPayカードの国際ブランドは、VISA、JCB、Mastercardの3つがあります。

いずれもタッチ(キャッシュレス)決済が可能なため、さまざまなシーンで活用に便利です。

どの国際ブランドもPayPayカードの審査基準に差はありませんが、申込みには以下の注意が必要です。

  • 無職で安定継続収入がない人は審査に落ちやすい
  • 他社カードやカードローンの支払いに遅延が生じていると審査が厳しくなる
  • カードローンなど多重債務があると審査に落ちやすい

商品券はJCBとVISAのどっちがおすすめ?

日本国内の場合は、JCBとVISAの商品券を両方使用できる店舗が多いため、利便性に差は見られません

商品券を贈り物としてプレゼントする際は、相手の好みや使用頻度の高い店をあらかじめreSearchしておくとよいでしょう。

なお、VISA・JCBの商品券取扱い店舗は、以下のリンクから確認できます。

JCBしか使えない店もあるの?

現代では、JCBしか使えない店舗は限りなく少なくなっています

かつて日本国内では、JCBカードのみ対応している店舗が多数ありました。

しかし、ほかの国際ブランドの需要が高まるにつれ、現代ではJCBカード未対応の店舗数のほうが増加しています。

visa の加盟店数ってどのくらいある?

VISAの加盟店舗数は、世界2,400万店舗以上にのぼります。

「VISAクレジットカードの特徴」にて、VISAの詳細情報を紹介しているので、ぜひご覧ください。

まとめ|VISAとJCBの特徴の違いを見極めよう

VISAとJCBには、それぞれ独自の強みや欠点があります。

VISAは海外での利用、JCBは日本国内での利用に優れており、2種類のクレジットカードを持ち合わせることで、効率よくお得にサービスや特典を受けられます

どちらのカードを持つか迷ったときは、2枚とも持ち合わせると、シーンごとの使い分けができて便利です。