会長挨拶

HOME > 会長挨拶

2021年新年を迎えて

 2021年を皆様と無事迎えることができたことに感謝申し上げます。今年の干支である丑のようにしっかり将来を見据え、愚直な努力も惜しまず目標に向けて前進していければと考えております。
 旧年中も皆様には大変お世話になりました。特に2020年はコロナ禍の一年でした。この招かれざる客は今年も居座り続けそうですが、会長として私もこのコロナ禍を過小評価せずに、丑のような安定感を保ちつつも時と場合によっては柔軟さも忘れずに会務に専念して参りたいと存じます。

 昨年は、千葉会にとっても非常に厳しい年でありました。みんなが集って成り立つ活動(特に地域会活動にとってはこれが必須です。)が春以降ほとんど中止または延期を余儀なくされてきました。一時はWithコロナというキャッチフレ ーズが聞かれるようになり、楽観的な見通しも出始めておりましたが、やはり甘くはありませんでした。この新年号が皆様のお手許に届く頃には新規感染者が大幅に減少していることを切に祈るばかりです。

会長 庄司 基晴

会長 庄司 基晴

 ただ、このような逆境下で新たな発見や将来の可能性を見出された会員の皆様も少なからずいらっしゃったのではないでしょうか。一例を申し上げれば、今までならば自分の業務の都合で研修会や役員会の参加を諦めていた会員が、逆にWebのおかげで参加できるようになったと聞いております。新たな仕事のスタイルもコロナ後も定着していくのではとも想像しております。もちろん我々の自由な行動を制約するこの異常状態にできるだけ早く消滅してもらいたいことは言うまでもありませんが。今回のコロナ禍は、我々に地域会の果たすべき役割(各会員そして地域社会へのできるだけ寄り添ったサービスの提供または貢献)とその重要性を改めて気付かせてくれました。

 地域会に期待される役割も多様化してきております。その背景には、会貝構成の変化(企業内会計士や女性会計士の増加、会員の高齢化)や地域社会の変容等があると考えられております。このため柔軟かつ多様な活動が求められております。
 先程 「寄り添った活動」の意義を申し上げましたが、当面は皆様にご不便をおかけします。例えば、暫く集合研修会は定員の半分以下に抑えての開催(ただし、Web参加も可能)にさせていただきます。

 今まで千葉会が掲げた目標毎に簡単に経過報告をさせて下さい。

協会本部と皆様の仲介役
事務局や担当役員等との連携を一層強化して、より効果的な運営を目指したいと思います。
全国を鳥瞰図に把握できる立場にいる本部だからこそ見えてくる部分と、逆に地域でなければ把握しにくい部分があるかと思います。地域会同士の交流(いわゆる水平的交流)も今後実践してまいりたいと考えております。
会員へのサービスの充実
前例に縛られることなく、会員の特徴に適応した方法で実践してまいります。昨年はIPO推進に協力してくれる会員を募集・登録させてもらいました。今後も皆様の業務拡大に少しでもお役に立てればと考えております。
地域貢献
全国の地域会に先駆けて千菜県土地改良区検査立会業務制度が本格化しました。自治体等からの多くの推薦依頼も来ております。皆様の積極的なご協力を期待しております。皆様にとっても必ずプラスになると確信しております。
ステークホルダーとの積極的な対話
媒体手段も工夫しながら、制度説明や会計の意義を皆様に伝えていきたいと思います。

 以上ですが、今後も地域会の理念や目標を忘れることなく、アクセルとブレーキのバランスを上手に使い分けながら進んでまいりたいと思います。
 最後にこの厳しい環境下にも係わらず頑張ってくださっている職員及び会員の皆様に心から感謝を申し上げます。

2021年1月
日本公認会計士協会千葉会
会長 庄司 基晴

▲TOP