千葉会概要

HOME > 千葉会概要

CPA千葉会概要

名称 日本公認会計士協会 千葉会
会長 庄司 基晴
事業内容 【Ⅰ基本方針】

公認会計士を取り巻く様々な環境変化に適応し、地域に密着した活動により信頼を獲得し、社会の健全な発展と公共の利益に貢献するため、日本公認会計士協会と連携し社会的使命を全うするための施策を積極的に行います。
会員(準会員を含む。以下同じ)の業務の充実・拡大、適時な監査・会計・税務等に関する情報の収集・伝達、及び会員の資質の維持・向上、並びに福利厚生の充実に資する事業を推進します。
効率的な会務運営及び組織ガバナンスや組織基盤の整備を推進し、確固たる地域会の構築を図ります。

【Ⅱ重点施策】

1.(地域会活動の活性化)会務運営及び事業活動の更なる充実により、会員の協会活動への参加を促進し、活性化を図ります。

2.(本部)理事会及び地域会会長会議等への参加を通じて、本部・各地域会と連携を図り、本部諸施策推進のために、 地域会としての役割を果たすとともに、会員の意見を集約し本部へ進達します。

3.(研修)会員の資質の維持・向上のため、継続的専門研修制度に対する理解を深めるとともに、履修率向上のため、会員のニーズを反映した研修会を企画・実施します。

4.(福利厚生)会員間の親睦及び会員の健康管理を推進し、福利厚生事業の充実を図ります。

5.(後進育成)準会員及び開業登録まもない会員によるネットワークの構築を図り、公認会計士業務・活動を支援します。

6.(広報)会員への迅速適切な情報提供、会計基礎教育の推進を図るとともに、公認会計士に対する社会の関心と理解を深めるための積極的な広報活動を行います。

7.(業務)会員業務の推進・拡充のため、業務情報の提供、新規業務分野の推進を図るとともに、関係諸団体と連携し地域社会に貢献する諸活動を行います。

8.(研究会)会員のレベルの向上、信頼される制度の確立のために、社会福祉法人会計・学校法人会計・公会計・中小企業支援・IT・医療法人会計・税務業務研究会は、情報の提供及び研修等により会員業務の支援を積極的に行います 。

9.東京会、神奈川県会及び埼玉会と連携し、四会での共同事業の推進及び協力体制の構築を図ります。

10.本部と連携し、女性公認会計士、社外役員、組織内会計士等、多様な形で活躍する会員の活動を支援します。

11.本部と連携し、第 40 回日本公認会計士協会研究大会千葉大会 2019 を開催します。

所在地 〒260-0013 千葉市中央区中央1-11-1 千葉中央ツインビル1号館9階
電話番号 043-305-4203
FAX 043-305-4204
アクセス JR総武線「千葉」駅徒歩9分
千葉都市モノレール「葭川公園」3分
京成千葉線「千葉中央」駅徒歩6分

>>アクセス方法の詳細はコチラ

▲TOP